Reload


teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ヘイ 黒帯

 投稿者:久保AB-ST元宏  投稿日:2012年 7月29日(日)23時54分24秒
返信・引用
  ♪動く音。Power to the people,
right on

A million workers working for
Mr.あばらやで、あばら骨折った俺?外笑
>また ヘイ・ジュード・・・

■もちろん2012年7月28日(土)の『共犯新聞』のBGMが「ヘイ・ジュード」なのは、
日本時間8:30Amにロンドン・オリンピック開会式にポール・マッカートニーが歌ったから、なんだけど。
■この開会式の企画はずいぶん最初のころは、ビートルズが出演する、ってウワサだった。
ポール、リンゴに、ジョンとジョージの息子で。
こりゃ、すげーことになっただろうなぁ。
リンゴの息子は今はザ・フーでドラムを叩いているんだから、リンゴもいらないかもしれない(失礼すぎ!)。

■それにしても午前3時から生放送で開会式を観ていた若林博士の話によると、
007ジェームス・ボンドがエリザベス女王陛下とヘリコプターから飛び降りたり、
Mr.ビーンや、サイモン・ラトルが登場したり、
すげー面白かったそうだ。
閉会式では、ブラーが新曲を発表する・とか、イギリス、おとなの遊びしまくりだな♪


>この曲は 誰にも やさしい曲です。

■さて、「ヘイ・ジュード」を選曲したのは、オリンピック競技「柔道」を尊重したからか?
もちろん、違うだろーけれど、「ヘイ・ジュード」の直前に、「ジ・エンド」の最後をちょろっと歌ったんだよね。
「結局、あなたが得る愛は、あなたが与える愛(の量)に等しい (And, in the end, the love you take/ Is
equal to the love you make.)」って部分。
ビートルズが1970年に解散した時の最後の曲が「ジ・エンド」だったから、
「ジ・エンド」を歌うことで、またビートルズを逆回しして戻そう、ってメッセージだったのかも。
だから、誰にも やさしい曲 なのかも。
「ジュード」って、当時、ジョンとシンシアが別れる(つまりジョンと小野洋子さんとがくっ付くので)ことになり、
ジュリアンが悲しんでいたのでポールが励ますつもりで作ったと。
で、「ヘイ ジュール」と歌ってたのですが音が今ひとつなので「ジュード」に変えたそう。
そして今日がボブ・ディランが1966年にバイク事故を起こした日だから、
抱きながら音を出そう。Bob Dylan
had been seriously injured
in a motorcycle accident
near his Woodstock, NY home 
!
と、『共犯新聞』に書いたんだけど、
ここで使った「injured」って、「負傷者」って意味だけど、「インジュード」、音がほとんど「ヘイ・ジュード」、だよね。
ここにも、誰にも やさしい曲 の理由があるのかも。

■そう言えば、ジュードと言えば、君は黒帯だったね(笑)♪

http://www.geocities.jp/kyouhanshinbun/index.html

 
 

ヘイ ジュード

 投稿者:外笑  投稿日:2012年 7月29日(日)00時28分9秒
返信・引用
  不思議なもので 昨夜寝るときにビートルズの デイ・イン・ライフが聴きたくて
青アルバム聴いてたら その後 ヘイ・ジュードが流れてきて 懐かしくて
聴き入ってしまった。  今日 お客先で 家の若者が ヘイ・ジュードの誰かの
コピー版を流していて あらっ と思い 久々に共犯新聞を開いたら
 また ヘイ・ジュード・・・
不思議なものです。
この曲は 誰にも やさしい曲です。

僕の真夏の夜の夢は かなり 重度 なのか ・・・
 

ほんとうの嵐の前に。

 投稿者:久保AB-ST元宏  投稿日:2012年 6月30日(土)00時14分48秒
返信・引用 編集済
  ♪ちょっとだけ、見よっ!Instant Karma's gonna get Ms.♪闘うペンギン月見猫
今、関東地方を台風が通過中

■6月の台風って8年ぶりらしーけど、
1966年のそして、君の鳥は歌えるのだ。ビートルズ来日も誰が、誰を。6月の台風の最中だったらしーよね。
そーゆー意味じゃ(?)、ロックなそして、君も歌えるのだ。東京の日々だったわけだ。

>原発立地地域が葛藤を経て原発を受け入れ電力を送ってくれたから。

■権力が田舎を二分したことを、いかにも美しい「葛藤」の物語に昇華するグロテスクな論理。
この文言を書いた個人名を是非、公表してほしい。

>公明党は原発に依存しない社会を目指し、新しい着工を認めない

■「中道」(←死語?)とは、先回りの言い訳=エクスキューズのことなのか?

>公明党はこの日採択された3つの案に全て反対

■公明党は先の衆議院選挙の小選挙区で全敗しちまったから、キャラを立てたいんだろーな。
それって、「政治」じゃないよな。

>なんで請求者=市民側に答弁させないのか。

■間接民主主義とは、市民が国王へ答弁できるように発明された制度だったハズだけど、
王が死んだ今、
間接民主主義は、市民を答弁させない装置へと穢れたのか。

>答弁するの行政なんだから。

■間接民主主義の存在とは、王が死んではいないことの証明か?

>実質骨抜きにしようとしていたのだ。

■それは公明党の「先回りの言い訳」と同じことを、違う時間にしただけだ。

>あたしも吉田議員に話したし、多方面からもアピールがあって

■最大の敵はニヒリズムだよな。どこまでも、タフに行こう。

>これで原案のみで直球勝負

■今回の一連の君たちの行動で得られた成果のひとつは、
<橋下=石原>ラインの擬制の暴露。
今後、この両者が並ぶ姿に未来を見る市民は確実に減ってゆくことだろう。
もうすぐやってくる衆議院選挙までに、この方向に勢いを、もっと&もっと、つけなければならない。

http://www.geocities.jp/kyouhanshinbun/index.html

 

嵐をよぶ!都議会本会議採択

 投稿者:月見猫  投稿日:2012年 6月19日(火)23時55分0秒
返信・引用
  というわけで、今関東地方を台風が通過中です。

>その公明党の反対理由は何?

↑いっそのこと、自民/公明両方の意見表明を書こうか。
◆自民党
都民が快適な生活を享受できるのは、
原発立地地域が葛藤を経て原発を受け入れ電力を送ってくれたから。
経緯と感謝を忘れてはならない。
電気を頼る東京が、立地地域の存立に甚大な影響を与える判断をするのは慎むべきだ。
多岐にわたる課題の最適な解決策を編み出すには、国民的な討議を経て、
国が全体を俯瞰したエネルギー戦略を構えることが最も重要だ。
都民限定の住民投票で、原発問題に決着はつかない。

◆公明党
都民投票は原発稼働の是非を二者択一するもので多様な都民の意思が正しく反映されない。
比較多数で都民意思とすることも合理性を欠く。
原発稼働の是非は東電管内の他県や全国にも影響を及ぼすもの。
電力消費地を東京都に限定すべきではない。
原発稼働は国のエネルギー戦略など、多様で複合的に考慮すべきだ。
公明党は原発に依存しない社会を目指し、新しい着工を認めないなど
して次世代に安全安心を引き継ぐ。

以上です。
これ、お勧めした動画の14日「意見陳述」から4日後に出た意見だよ。
あいつら最初っからこっちの話聞いてないでしょ。
っていうくらいかみ合ってないこと言ってる。


>公明党は修正しなければ、もしくは、違う修正なら賛成したのか?

↑はは、公明党はこの日採択された3つの案に全て反対しました。
・民主修正案=投票資格者の項「16歳以上や永住外国人にも投票権を認める」を削除して
通常の有権者に変更し、「地方公務員法36条の規定」を削除したもの
共産党修正案=「地方公務員法36条の規定」のみ削除したもの
・そして原案

>また、反対理由をめぐって、委員会で議論はされた?

↑これが腹たつことに、15日の委員会で会派の質問に答えたのは
行政側。つまり石原知事のご機嫌取りしてる職員さんだよ。
民主が賛成の立場から質問しても、
知事所信表明の時の意見内容を繰り返すような馬鹿っぷりで、イライラした。
なんで請求者=市民側に答弁させないのか。

>議論されたのなら、その内容は?

↑仲間内用の資料として(なにせ委員会室は52席しか傍聴券を出さない。
あたしも14日は廊下にあふれたさ)
こういうのも作ってくれているのでこそっと紹介します。

伊藤興一議員(公)
http://tomintohyo.web.fc2.com/download2/0615itou.pdf
(秋山さん文字起こし)

吉田信夫議員(共)
http://tomintohyo.web.fc2.com/download2/0615yoshida.pdf
(丸井さん文字起こし)

大西さとる議員(民)
http://tomintohyo.web.fc2.com/download2/0605onishi.pdf
(鳥羽)


>その議論で民主党はどう反論したのか?

↑だから会派同士のガチンコなんてないわけよ。
答弁するの行政なんだから。
傍聴が許可されている部分の審議ってホント茶番!
これより前の水面下で行われている話は蚊帳の外。

今回独自の修正案を出したとは言え、共産党の行動には頭が下がった。
民主案は微細な部分でも原案をいじくりまわし、
「投票結果は尊重されるべき」という文言を削除して
「国が第一義的に責任を持って決める」などと書き加え
実質骨抜きにしようとしていたのだ。

頑張って活動してる中に未成年の子たちもいるのに
それを切り捨てる修正にも嫌な思いがした。
けれどもそこまで譲歩してでも
住民投票実現の一歩のために摺合せしてくれと
あたしも吉田議員に話したし、多方面からもアピールがあって
今回共産は、民主案に賛成してくれたのだ。
このことは本当に評価したい。

いつも独善的で、「実現できない正しさ」を振りかざすがゆえ
共産党は孤立してしまいがちなのに、今回は違った。

明日の採択に向け自公の造反を狙って最後のアピール。

まあ、結論からいえば、これで原案のみで直球勝負
という潔さに包まれて、本会議を迎えるわけです。
 

No さては区長!

 投稿者:久保AB-ST元宏  投稿日:2012年 6月19日(火)00時55分57秒
返信・引用 編集済
  ♪ちょっとだけ、見よっ!Cold turkey has got Ms.♪権力ニャァ~!月見猫 on the run
>可否同数となり、公明党から出ている委員長が反対して否決されました。

■その公明党の反対理由は何?
公明党は修正しなければ、もしくは、違う修正なら賛成したのか?
また、反対理由をめぐって、委員会で議論はされた?
議論されたのなら、その内容は?その議論で民主党はどう反論したのか?
議論されなかったのであれば、委員長の権限なのか?


>修正案が否決された民主党としては、原案に関しては党議拘束をかけず

■もし民主党が「党議拘束をかけず、自由投票にする」のが目的であるために、裏で公明党に反対を要請していたとしたら?


>都議会というのががどれだけいい加減で、まともに機能していないのか

■議論は、より良い結論を導くためのものであると私は希望を持っているけど、
大きな組織ほど、議論とは、できるだけ玉虫色、できるだけ変化を求めない、できるだけ直接民主主義に偏らない、
つまり、つまらない結論に導くためにある場合が多いようだ。


>我々の仲間としては「議会構成を変えてやる!」

■「正攻法」なら、そうなるよね。
もちろん、君のイラダチは、決定システムを変えることを期待しているんだろう。
政治学者よ、より良い政治システムを議論し、具体的に提案しなさい。


>自民・公明から賛成票が出るよう

■「試されているのは自分たちだ」、と、都議会議員が感じるアクションが必要、かな。


♪ちょっとだけ、見よっ!動画、観てください!

■こーゆー市民のレベルの高さ&純粋さに嫉妬する議員って、いるんだよなぁ。・・・情けない・が、世界中に、いる。
動画の中にはいくつも興味深い言葉があるけれど、
佐藤直己(平和・環境・人権しながわ代表)の
「直接民主主義は、間接民主主義を否定するものではない。お互いに補完し合うものだ。」
とゆーのが私には印象深かったよ。
これを間接民主主義の巨塔内で進言するのって、滑稽かもしれないけれど、すげータフネスがあるよね。

http://www.geocities.jp/kyouhanshinbun/index.html

 

No Satisfaction!

 投稿者:月見猫  投稿日:2012年 6月18日(月)20時38分20秒
返信・引用 編集済
  チョイご無沙汰です。

本日、「原発都民投票条例制定」に関する審議が
本会議から付託された総務委員会にて、採択されました。

民主が出した修正案に不満はあるものの、
投票資格者など最大限譲歩し、
電力の大消費地・ここ東京で住民投票が実施されることになる意味の大きさを思い
修正案でも可決に!
と一縷の望みをかけて、自民・公明にもロビー活動してきたのに…。

その修正案が民主・共産・ネット賛成。
可否同数となり、公明党から出ている委員長が反対して否決されました。

よって明後日の本会議には、原案のみが出され、採択されます。

修正案が否決された民主党としては、原案に関しては党議拘束をかけず
自由投票にするとのこと。

民主内で反対者は増えるものと推察できます。

…という具合に、大筋が見えて来ました。

都議会というのががどれだけいい加減で、まともに機能していないのかも
つぶさに見てきました。

我々の仲間としては「議会構成を変えてやる!」
この動きにつなげていくことは、皆で確認・共有しています。

6/20の都議会本会議で、この「都民投票条例」の案件に対し
自民・公明から賛成票が出るよう、
遠い空から念を送ってくださいませんか?

★「原発」都民投票~ラストアクション・都議会に行こう編~

http://www.youtube.com/watch?v=GDYZRGyvDjc

★総務委員会で行われた請求代表者意見陳述の動画

http://youtu.be/rdOY4H8tlUQ

我々はこんなにも正攻法で、右でも左でもない前を向いて
ほんとうにかっこいい奴らだよ。
動画、観てください!

 

現実のアクセルと、アートのブレーキ。

 投稿者:久保AB-ST元宏  投稿日:2012年 5月23日(水)21時39分24秒
返信・引用 編集済
  All we are saying is ♪どこでもドアを手に入れたロックンロール・ボーイの成れの果て。give peace a chance
C'mon

Mr.♪はぁぐれたぁ~・フロム・カナダァ~!共犯夜中作業員サカタカナダ's talking about Ministers
あった、これだ。クボリンクからアート・ブレイキーを辿ったら

■私にとってArt Blakey & the Jazz Messengersは、
ピアノの♪どこでもドアを手に入れたロックンロール・ボーイの成れの果て。ホレス・シルヴァー(1928年9月2日生まれ。まだ生きている!)であって、
この♪どこでもドアを手に入れたロックンロール・ボーイの成れの果て。Blues Marchが収録されているてかり顔No.1。アルバムは、
1曲目のタイトル・チューン「モーニン(=うめき?)」を聴くと
NHKの長寿番組『美の壷』のオープニング曲だぁ~・っー耳になってしまっている。


ジャズってテラ先生から口伝で教えを受けるだけで、ハア

■私が君たちとバンドをやっていた当時、持っていたジャズのレコードは、
チャリー・クリスチャン『ミントン・ハウスのチャーリー・クリスチャン』(1941年)
ソニー・クラーク『クール・ストラッティン』(1958年)
セロニアス・モンク『ミステリオーソ』(1958年)
マイルス・ディヴィス『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』(1956年)
マイルス・ディヴィス『ビッチェズ・ブリュー』(1969年)
ジョン・コルトレーン『ヴィレッジ・ヴァンガード・アゲイン!』(1966年)
の、6枚だけで、一番聴いたのはコルトレーン(笑)。
今となっては私もジャズ史の全般が分かっているけれど、この6枚ってセレクトは、かなり素晴らしいかも(笑)。
やはり、金が無い時代に選びに選んで買っただけの絞り込みがあるな(笑)。


>ちゃんと聞いて勉強できてしまう。素晴らしいな。

■実は私は1990年代の初頭はジャズのアルバムを買いまくっていて、その数年後はモーツアルトのCDを買いまくっていた。
だって、当時のリアル・タイムのロックがつまんなかったから、この機会に(?)と、
私の音楽知識の欠落部分かつ以前から興味があったジャズとモーツアルトの
おべんきょーしたのだ。
当時はまだインターネット夜明け前&中古CD屋黎明期だったから、私はそれらを中古CD屋で買いながら学んだ、わけ。
■が、今なら自宅でほとんどすべての曲が手軽に聴ける(=「ちゃんと聞いて勉強できてしまう。素晴らしいな。」)。
たとえば、当時は村上春樹の小説にグレン・グールドが出てきたら、
レコード屋に行って買ってからでないと、聴けなかった=曲のイメージが意図する小説のイメージに、たどり着けなかった。
私のよーな性格は、これがかなーりめんどーくさくって、
たとえば小説内に曲名が出てきて、聴いたことが無かったら、
中古CD屋でその曲に出会い=買うまで、その小説は、それ以上読まずに保留にするルール(笑)を自分で自分に決めていた(がくっ。)。
それが今じゃ、YouTubeで、サクッと聴ける~。
・・・いや、それ以前に、たとえば村上春樹の小説に出てくる程度の曲は、私はCDで持っているように、いつの間にかなっていた(笑)。
『1Q84』に、ヤナーチェク「シンフォニエッタ」が出てきた時も、もうすでに持っていたし(笑)。


>インターネットこそが世界を変えているのは明らか

■そうだよね~。
権力とは情報のことであれば、もうすでに革命の準備は整っている。


>私の井の頭アパート

■先日、テレビのアンケートで、「東京で一番住みたい街」に吉祥寺が選ばれていたけれど、
そんな吉祥寺の、井の頭公園の中(!)に住んでいた君は、東京で一番うらやましい住所だったわけだ~。
(と、↑これを読んでも事情の知らない人は、「ああ、このサカタって男は、井の頭公園で、♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Dieホームレスだったんだ。」と、思うでしょう~・笑。)


>説いたクボ夫妻であった。そのときに私もワープロを手に入れ、PC へと

■すべては、それなりに(笑)必然≒ムダではなかった、ってことか~(笑)。

http://www.geocities.jp/kyouhanshinbun/index.html

 

テラ先生のご尊顔はもうチャーリー・ワッツ御大のようだ

 投稿者:共犯夜中の作業員サカタ@カナダ  投稿日:2012年 5月23日(水)00時24分51秒
返信・引用
  あった、これだ。クボリンクからアート・ブレイキーを辿ったら見つかっ
た。カッコいいなあ。

Art Blakey & the Jazz Messengers - Blues March
http://www.youtube.com/watch?v=sOES7AZ-d60

この人ってテラ先生のたしかフェイバリットドラマーだよね。むかしは
ジャズってテラ先生から口伝で教えを受けるだけで、ハアかっこいいん
でしょうね(ぼんやりと想像)としか反応できなかったんだけど、
Youtube 時代の今は1曲検索すると右に聞くべき関連曲がずらりと出て
きて、ちゃんと聞いて勉強できてしまう。素晴らしいな。

私は Mac や iPhone が革新的でスティーブ・ジョブズが世界を変えたと
大騒ぎする人々の気持ちがさっぱりわからない。面白い人だとは思うけ
ど、ジョンレノンと比して語られたりするんでなんだかなあと思う。市
井の人々が声を発し、Youtube に音楽や映像をアップロードすることで、
これが素晴らしいんだ、これを聞いてほしいんだと発信することができ
る、このインターネットこそが世界を変えているのは明らかであって、
スティーブ・ジョブズはその発展に特に寄与はしてないんじゃないのか
な。

評伝的なものをネットで読むと、個人がコンピュータを持ち情報を扱う
ことの面白さを最初に発見し、実現したのはスティーブ・ジョブズらし
い。その点はエライと思う。サカタにその面白さを教えてくれたのは、
実は私の井の頭アパートに泊まっていって、そこでワープロの面白さを
説いたクボ夫妻であった。そのときに私もワープロを手に入れ、PC へと
スライドし、今に至るのよね。

 

「戒厳令のマーチ」?

 投稿者:久保AB-ST元宏  投稿日:2012年 5月22日(火)19時00分34秒
返信・引用 編集済
  ♪どこでもドアを手に入れたロックンロール・ボーイの成れの果て。Just because Mr.♪はぁぐれたぁ~・フロム・カナダァ~!共犯夜中作業員サカタカナダ left and said goodby
月見猫、反原発レジにならぶオバチャンじゃ、ねーよっ!投票お疲れ様です。昔から変わらず、考える前に跳ぶ

■新宿☆共犯同窓会(?オフ会・笑?)で途中から入ってきた月見猫は、さいしょっからテンション高く跳ばしていたよ(笑)。
やっぱ、その運動体の現役ぶりが、すばらしい。
月見猫と呑んだ翌日は、マスコミ関係者と呑んだんだけど、
一方はニュース・ソースで、一方は、それを報道(=つまり加工)する立場。
『共犯新聞』1面トップに今回の旅行記をUPした直後に、かつての早稲田マスコミ塾の同期生のメーリング・リストに紹介したから、
それを読んだ世界中のジャーナリストたちも
久保は前夜に住民投票の活動家と呑んでいることも分かるから、それもまた、楽し♪

ワインをたしなむ久保モトヒロ一浪してっから、20歳だけどねー。19歳の写真が

■今回、長男が住むアパートを見てきたけれど、風呂&エアコン付きで、私の第3福葉荘(がくっ。)とは、大違い。そりゃ、そーか。
顔と髪のカールも似ているけれど、音痴なとこも似ていて(がくりんこ。)、
ただし、
往生際の良い長男は、私のようにバンドなんかしないのよ(笑)。


小林さんがパティ・スミス顔?いや、スティーブン・タイラー顔?いた。ひっくり返った(笑)。なんて意外な顔をここで

■でしょ(笑)。
実は、なんと当初は、アラレ(←憶えているか?)も来る予定だったらしいー(笑)。
小林さんは、生き生きしていたよ。彼女のような人が、ちゃんと生き生きしているってことは悪いことじゃないよなー。


テープを流したかのどっちかだと思うんだけど、「貧者のマーチ」

■うー。わからん。
「聖者の行進」なら、さすがにサカタも知っているだろーし、
私の記憶では当時なら、「テイク・ファイヴ」か、ストーンズも使った「Aトレイン」だけど、これらもサカタは知ってる曲だよね。
あと、当時、私がよく聴いていたジャズは、マイルス、コルトレーン、モンク、チャリー・クリスチャン、ソニー・クラークだけど、
どれも「マーチ」は無かったなぁ。
こーゆー質問は、テラダヤなら分かるんじゃない?
ぎりぎり、これ?

水虫?Sonny Clark ♪どこでもドアを手に入れたロックンロール・ボーイの成れの果て。Cool Struttin♪どこでもドアを手に入れたロックンロール・ボーイの成れの果て。「Blue Minor」

http://www.geocities.jp/kyouhanshinbun/index.html

 

「貧者のマーチ」?

 投稿者:共犯夜中の作業員サカタ@カナダ  投稿日:2012年 5月22日(火)13時38分1秒
返信・引用
  月見猫、反原発投票お疲れ様です。昔から変わらず、考える前に跳ぶ行
動あるのみのあなたはエライ。

いま共犯新聞を開いたらワインをたしなむ久保モトヒロ19歳の写真が
あって、あれれと思ったらクボ息子だった。髪の毛のカール具合まで似
てる。すごい。

さらに下に辿って行くとテラとコハマのジャズバンドでピアノを弾いて
た小林さんがいた。ひっくり返った(笑)。なんて意外な顔をここで見
るんだ。

あの頃、たしかジャズ研の誰かが演奏してたかアブストのオープニング
でテープを流したかのどっちかだと思うんだけど、「貧者のマーチ」み
たいなタイトルのかっこいい名曲があったんだよ。それが聞きたくて
Youtubeで検索してみたりしたんだけど見つからなかった。クボ君の灰色
の異常記憶細胞になにかヒントがあったら教えて下さい。
 

権力の嫉妬を嗤う脳味噌の旅。

 投稿者:久保AB-ST元宏  投稿日:2012年 5月16日(水)01時33分46秒
返信・引用 編集済
  Well, I'm sittin' in the la la
Waitin' for
Ms.♪ムーン・ニャァ~!月見猫's ♪ちょっとだけ、見よっ!ya ya, ah ha
>東京新聞買い忘れた貴兄にニュース人は石垣、言葉は城。映像ご提供するある

■月見猫も、ちゃぁ~んと、映像内の0:22~0:26に映っているね♪
帰宅してから読んだ(笑)北海道新聞は、5月11日(金)朝刊の総合面5ページ角に4段で報道されていたよ。
こーゆー記事は社会面のほうが目立つんだけど、総合面、ってのは新聞社のひとつのメッセージかもしれない。
が、本来は1面トップ記事にするべきだよな。
巨大マスコミのセンスを疑うよなぁ~。
■人類の歴史は、直接民主主義に向かっている途中なのは、間違いない。
それを、間接民主主義の既得権益者=政治家&官僚が嫉妬するのは、とーぜんだろう。
そのクダラナイ嫉妬に、タフな正攻法で向かっている途上の君たちに敬服する。
■かつて、サヨクが反原発をオルグに利用したように、橋下徹が利用しようとしても、それは逆利用すればいい。
そこで橋下と、石原慎太郎・東京都知事「あんなもの、条例つくれるわけないし、つくるつもりもない」(今年2月)が誤差を露呈したら、またそこへ言葉の楔を打てばいい。
橋下@ハシズムと、小林よしのり@ゴーマニズムがちっちゃな争い(笑)をしているのも、
ナショナリストとて、均一では無い、とゆーことだろう。・・・まぁ、レベルの低い例で恐縮だが(がくっ。)。
ここに見ることができるのは、かつてのサヨクの内ゲバのパターン。
勢いのある発言者は、勢いのある発言者を嫉妬する、ってコトだ(笑)。
そんなの横目ですら見ずに、レッツ・ゴー・タフ!

http://www.geocities.jp/kyouhanshinbun/index.html

 

先日は楽しかったです!

 投稿者:月見猫  投稿日:2012年 5月15日(火)08時15分33秒
返信・引用
  お礼が遅くなりまして。
先日は久しぶりにお会いでき、奥様やはるちゃんともお話できて嬉しかったです。

東京新聞買い忘れた貴兄にニュース映像ご提供するある。

http://news.tbs.co.jp/20120510/newseye/tbs_newseye5025875.html

あの翌日は午前中杉並ネットの運営会議があり、
午後は子育てフリーマーケットのお手伝い
夕方は阿佐谷ロフトの店長に呼び出されて
漫画ファンの集いイベントにちばてつや氏が来るというので
(彼は「原発都民投票」の請求代表者でもある)
のこのこ会いに行くなど
全てアルコール漬けのアタマで行いました(笑)。

昨日は杉並選挙区公明党都議の松葉多美子氏と面会してロビイング。
今日はこれから、はなぶさあや監督のドキュメンタリー映画「祝いの島(ほうりのしま)」
の自主上映会です!
 

恋もバンドも、くだらない(笑)。

 投稿者:久保AB-ST元宏  投稿日:2012年 5月 7日(月)10時02分59秒
返信・引用 編集済
  Yeah!
Oh!
Mr.あばらやで、あばら骨折った俺?外笑 got a girl named ♪動く音。Bony Moronie
>最高の(笑)

■生まれたことが罪ならば、人生という牢獄で、長生きは罰。

http://www.geocities.jp/kyouhanshinbun/index.html

 

マスタープラン

 投稿者:外(笑)  投稿日:2012年 5月 5日(土)21時48分8秒
返信・引用
  最悪のシナリオに最高の敬意を持って別れを告げます。

最高の(笑)を買いに貴方に会いに行く・・・
 

21世紀の中原中也

 投稿者:久保AB-ST元宏  投稿日:2012年 4月14日(土)13時55分40秒
返信・引用 編集済
  ♪動く音。Send me some lovin',  send it I pray

How can I love
Mr.あばらやで、あばら骨折った俺?外(笑) when you're so far away?

>もどらない道

■PYGは日本の音楽にとって青春なのか、青春の終焉なのか、と私は保留にしっぱなしだったんだけど、
彼らの唯一のスタジオ録音アルバム時代と同じさ。回る、だけ。『PYG!オリジナル・ファースト・アルバム』は、♪動く音。「戻れない道」という曲から始まっています。
タイトルも意味深(?)ですが、歌詞も気合が入っている~。
この曲のYouTubeを探したら、
澤田研二さんの1994年『ZuZu Songs』ライブツアーでの動画がありましたので、上記の曲名にリンクさせていただいたしだいです。
そーか、安井かずみ(1939年1月12日~1994年3月17日)の追悼ライブ・ツアーを澤田さんはやったんだなー、と脱線感慨したり。
NHKの朝ドラ『カーネーション』には、コシノジュンコと安井かずみの夜遊び(=つまり、「学習、思索、行動」。)は出てきたのかな?と、無限脱線。
むしろ、『カーネーション』よか、そんな時代を2時間で切り抜いたほうが暗闇で背中を。『サルトルとボーヴォワール 哲学と愛』のよーな世界映画になるんじゃねーのか?とか、妄想脱線。


某共犯新聞ページにも訪れていた寡たるGさんや ホモオダ・リズムコンビ

■中原中也が詩「汚れつちまつた悲しみに」を書いたのは22歳の時で、
「汚れつちまつた悲しみに」とゆー一行に匹敵する一行は、もう二度と出てこないだろう・と21歳までの私は思っていましたが、
22歳の私は、「裏切られたい友情を あちこちにでっち上げ」と書き、みごとに中也を乗り超えることができたのです。

http://www.geocities.jp/kyouhanshinbun/index.html

 

もどらない道

 投稿者:外(笑)  投稿日:2012年 4月12日(木)22時59分25秒
返信・引用
  以前の例のホムペなどには金輪際行きたくないのだし、とりあえずわがまま言いますが、ここで
述べさせて頂きます。 某共犯新聞ページにも訪れていた寡たるGさんや ホモオダ・リズムコンビ
のHやら0やらと縁を切らせて頂き 本当に良かったと思っています。
 そうですなあ 彼らこそエゴの塊。自分魂、他人には預けんや・・・
そういう方達なので まあ2度とお会いすることは決してないでしょう。ならばい・・・
 

市民エゴを超え、「すりかえ」を監視し、未来へ。

 投稿者:久保AB-ST元宏  投稿日:2012年 3月24日(土)12時52分37秒
返信・引用
  Bring 被災地よりさん's sweet lovin'
♪ちょっとだけ、見よっ!Bring it on home to me
>お願いです。地元で反対してください。

中・北空知広域連合、震災がれき受け入れ検討(2012年3月15日 10:21Am)
 【歌志内】滝川市、深川市、歌志内市など中北空知の14市町で構成する「中・北空知廃棄物処理広域連合」(連合長・泉谷和美歌志内市長)が、
東日本大震災で発生したがれきについて、受け入れを前提に検討していることが14日、分かった。

 同連合によると、国から昨夏、「がれき受け入れを前提とするなら、補正予算で措置する」との話があり、希望したところ、
今月7日、道を通して構成14市町に「震災復興特別交付税」が交付されると連絡が入った。
<北海道新聞3月15日朝刊掲載>


■昨日、3月23日に上記が正式に閣議決定され、
同日に沼田町議会も臨時議会が開催され、交付税の案分(=比例して金を市町村で分ける。)で1千941万6千円が国から入り、
そのまま全額が「中・北空知廃棄物処理広域連合」への負担金として歳出されました。
その時の説明では「がれき受け入れの前提条件ではない。」と明言されていましたが、
上記の記事では国と地方が「がれき受け入れを前提とするなら、補正予算で措置する」と報道。
これって、明らかに不整合ですね。
報道が事実であれば、本件は住民を無視した密約です。
そうであれば、「がれき受け入れ」とはまったく別問題として、もうひとつの大きな問題が生まれたことになります。
■同日に深川市の議会でも定例会が行われ、深川市の交付税の案分は1億2千900万円で、原案通り可決。
ただし、沼田町議会では「がれき」をめぐる質問は中村保夫議員の1つだけでしたが、深川市議会では質問が相次いだそうです。

>北海道のきれいな大地を、日本の食の安心・安全のために残してください。

■そのレトリックはヒューマニズムに訴えかけるもので、
たとえば、
「被災地の人々の苦労を全国民で分かち合うのためにも、がれきを受け入れよう。がんばれ日本!」
ってのも、ヒューマニズムに訴えかけるレトリックです。
「ヒューマニズムに訴えかけるレトリック」が怪しいのは、「すりかえ」に利用されるからです。
私はヒューマニズムよりも、「すりかえ」を監視したい。

>(被災地より)

■被災地の人々は、がれきは被災地で処理しようとしているのかな?
そのパーセンテージと理由を教えてください。
■現在、がれきの受け入れの実績があるのは、東京、山形、青森のみで、
受け入れを前向きに検討しているのが神奈川、群馬、静岡です。
最大のがれきがある宮城県の約344万トンも含め、まだ&まだ受け入れ先は決まっていません。
北海道が受け入れるとすれば、船による移動が現実的ですが、そこまでのコストをかけるのであれば、地続きの近隣の県が受け入れるのが常識でしょう。
それでも沼田町が受け入れるのであるとすれば、
留萌市の湾岸をサルベージを含めた再整備をして、陸路~海路~陸路での移動が現実的であると私は思います。
それは留萌市近隣の経済復興や、将来の航路のインフラにもなるでしょう。
しかし、そこまでのコストをかけるのであれば、地続きの近隣の県が受け入れるのが常識でしょう。
「すりかえ」を監視しつつ、閣僚や議会に隠蔽せずに、科学的な議論を市民&町民を巻き込んで行うべきです。

http://www.geocities.jp/kyouhanshinbun/

 

(無題)

 投稿者:被災地より  投稿日:2012年 3月16日(金)01時23分26秒
返信・引用
  http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/357628.html

お願いです。地元で反対してください。
北海道のきれいな大地を、日本の食の安心・安全のために残してください。
(被災地より)
 

教会通りのロックン・ロール

 投稿者:久保AB-ST元宏  投稿日:2012年 2月13日(月)09時30分28秒
返信・引用
  ♪ちょっとだけ、見よっ!Sweet little sixteen Ms.♪ムーン・ニャァ~!月見猫's got the grown up blues
>うわ、なんと『jam』を立ち読みし、『ロッキング・オン』を買って帰宅していた日々。吉田カツ死亡?

■昨日あたりは、マライア・キャリーじゃなくて、ホイットニー・ヒューストン(←私には区別がつかん。)が死んだそーだけど、
死は学校、だね。
私の住む沼田町では正月中は誰も死ななかったのに、正月明けを待っていたかのよーに、1月中に10人が亡くなられた。2月に入ってからも、この傾向は続いている。
一ヶ月に10人亡くなった、って言っても東京に住む人には、「それだけ?」的かもしれないけれど、
人口3,500人ほどのイナカ町では、このチョーシで10人×12ヶ月=120人が一年で亡くなっては、赤ちゃんが年に20人ほどが生まれたとしても、35年で町が消滅する計算(?)になっている。
■また、1月に亡くなられた10人は、せまい町だからか、私の知り合いばかりで、私は全ての葬式に出させてもらった。
ふつー葬式とは、通夜&告別式がセットだから、正月明けの1月の私はほぼ毎日、喪服を着ていた。
そして私にとっての葬式のハイライトは、葬儀委員長による死者の経歴。
中には100歳以上の方もいて、語られる経歴には興味深いものが多い。
特に北海道は、【本州からの入植→ジャングルの開拓→戦争という人生のシャッフル】などが死者に必ず含まれていて、それ&ぞれの因果に頭が自然に下がる。
■「死は学校」とは、まさにそのことであり、ひとりの死は書物が紐解かれる現場のようだ。
しかし、そんなに魅力的な人=人生であれば、死んでからではなく、生きているときに直接、語り合えばいいのではないか?とも言える。
まったく、そのとーりであり、ひとりの死は、生きている者への関心も育まねばならない。
ただ、死んだほうが「歴史」を俯瞰しやすいのは、体系が閉じたからだ。
閉じた体系には、学問の出番が待ち受けている。・・・『共犯新聞』の一面トップ特集記事の餌食にもなり易い。
まさに、グレイトフル・デッド。
■ちなみに、今年に入ってからの死者で私にとっても残念だったのはテオ・アンゲロプロス監督で、池澤夏樹が新聞各紙に書いた追悼文を追っかけのように読み継いだ。
しかしより私の脳味噌を激しく刺激した死は、石岡瑛子(いしおか・えいこ)と、石元泰博(いしもと・やすひろ、1921年6月14日~2012年2月6日)だった。
このふたつの石の死は、考えることを私に押し付けるように存在を大きくするばかりだ。
石岡は日本からアメリカへ投げられた石であり、石元はアメリカから日本に投げ込まれた石であった。
松岡正剛が石岡に書いた追悼文「瑛子さんの刃物こそ、やっぱり日本の怠惰には必要」は、石元にも言えることだ。
つまり、両者とも日本人にとっては規格外の過剰な才能を持て余しつつ、
それを受け止める「批評」の鋳型を得られずに、「名付けられない」ままに死んでしまったからこそ、私の脳味噌を刺激し続けるのだ。
これ以上の学校は無い。

>これが地方自治体の公務員の勤務体制の実態。

■ここでパターン化された「公務員」論をくり返す必要は無いが、
またしても私の興味の中心は、「閉じた体系」と「フィールド・ワーク」の循環だ。
「公務員」のは、そこ以外の全てにある。


>組織などすべて解体したひとりひとりのあたしたちをすべてつながった命だと教えてくれる「宇宙の声」

■宗教の母は、「不安」だ。
そして、「不安」の穴を埋められるのは、「説明」だけであり、
「説明」できる人を宗教家(=神主、神父、お寺さん・・・)と呼び、
その「説明」を押し込んだ発明が「神」であったんだよね。
だから、宗教が学校であった歴史は全ての民俗で共通。
そして、学校が「宗教」になろうとするとき、「学校は何にも教えてくれはしなかった」のイントロが始まる。

>それをキャッチできる場として、ミサの空間は最適です。

■「説明」の技術として「説得力」が役に立つんだけど、ミサの空間なんて、その代表だろーな。

>チャネリングって、思考停止してしまうためにあるんじゃない

■同感。
解放は麻痺ではなく、どこまでも無限の解放。

>宇宙と「つながって」自分の位置を再確認したら、それをこの地球に生きている人間たちにどう波及させていくかっていう、ギターのチューニングのようなものかな。

■かつてナイーブな人や、デリケートな人は宗教の餌であった長い時期があったけれど、
学校は彼らをタフにしようとしたかもしれない。
宇宙が宗教、
ではなくて、
宇宙が学校なのだから。
そのとき、試されているのは「学ぶ者」であり、「教師」は程度の差がある道化なのだろう。

--------------------------------------------------------------------------------

♪どこでもドアを手に入れたロックンロール・ボーイの成れの果て。Slippin' and a-slidin', peepin' and a-hidin'
I won't be Mr.♪はぁぐれたぁ~・フロム・カナダァ~!共犯夜中作業員サカタカナダ's fool no more
>クボが♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Die「学校は何も教えてくれはしなかった」を持ってきたとき、なんか文言くさくてナマ堅くて、習作っぽいなと思ったのは今だから言える本音である

■あは。そうだよね。
この久保「習作」路線のダサい方向の典型の曲は、「ぶっこわせ!」(笑)。
さすがにこの曲をバンド仲間に披露した時は、サカタも言葉を選んで遠慮がちに「直接過ぎるんじゃない?」とか言われた記憶がある。
「直接過ぎるんじゃない?」と言えば、「嫌いなもの、あげてごらん」とゆー曲も私は当時書いて、これこそ直接的な詩で、テラダヤも絶句していたのを思い出した(笑)。

>あんなにゆっくりと時間をかけていくことはやっぱりできなかったよ。

■確かにそうだったね。今回、テラダヤと検証(?)してみて、1982年の停滞ぶりに呆れました(笑)。
しかし、それも必要だったのは、1983年以降の進化(?)が証明しているんだけど。
■そー言えば、今、思い出したんだけど、1982年ごろに私が「もっと知的なメンバーとバンドをやりたいな。」とつぶやいたら、テラダヤが顔色を変えて「悪かったな。知的じゃなくて。」と言われたことがあった(笑)。
が、その頃の私が指す「知的なメンバー」とは、すきすきスィッチとか、水玉消防団とかのイメージだったので(笑)、
結果的に1983年以降のあのバンドのスタイルは世界基準であったわけで(笑)。

>日本はガチガチで欧米はフリーだなんてイメージは大間違いで、学校は世界中どこでも、何も教えてくれはしないのかもしれない。

■つまり、「制度や教師」の問題であり、
「学校」とは、まだまだ未成熟な過渡期のシステムにしかすぎないわけだ。
・・・この議論は、国家論や貨幣論にすげー似ているよな(笑)。

>友達と一緒に馬鹿げたことや素晴らしいことの数々を、俺たちがバンドでやったように莫大な時間をかけて通り抜けていくことが「学校」なんだろう。制度や教師ではなくて。

■なるほど。未成熟で、つっこみどころ満載だからこそ、か。
ロンドンのバスの中でミックとキースが出会った、とか、パリの地下室でジュリエット・グレコとマイルス・ディヴィスが恋に堕ちたとか、そんな魅力的な伝説は犬に喰わせるほど、ある。
カナダに住む君は読むことが難しいかもしれないけれど、今、日本経済新聞が日曜日に連載している見開きカラーの「伊丹万作と仲間たち」も、そんな伝説の掘り起こしだ。
でもここで、「世界一すばらしい学校とは、友情である。」な~んて結論はいらないけど(笑)。

アブスト進歩改革の歩み

■サカタなら面白く読めると思うから推薦するけど、東京の石神井にある近代詩が専門の古本屋のオヤジ=内堀弘(1954年生まれ)のエッセイ『石神井書林 目録』。
この本には、1930年前後の日本で発行された、ほぼ無名の詩人の詩集やパンフレットや紙くず(?)を偏執的に蒐集する男の病的な日々が書かれているけれど、
いつか1980年代初頭の東京のライブ・ハウス・シーンを研究する学者が現れて、古臭いカセット・テープやフライヤーなどを変質的(がくっ。)に蒐集するかもね(笑)。

--------------------------------------------------------------------------------

If ♪Too Old To Rock And Roll , Too Young To Diejimono knew ♪ちょっとだけ、見よっ!Peggy Sue
>教えられるモノとコトの精選すらたいしてされているとは思えません。

■よく言われることだけど、今の中&高校の教科書って、我々の時と比べると、当時の参考書以上にビジュアル化されているよね。
これって、進化なのか?は、分からないけれど、情報(=「教えられるモノとコト」)の整理は進んでいるよーな気がする。
と・なると、「整理」と「精選」の違いなんだけど、
確かに約40年間の教科書の流れを見るだけでも、「教師」側も「これを教えればいいのだ!」とゆー確信を持てぬままに、
とにかく目の前の幼き脳味噌に何かを入れておかねば~、って使命感が先行しちゃってるよね。


>「自然科学パンクス」には出会ったことがありません

■そうかな?
私の身近でも生年月日が同じakillerさんは北大・土木部卒だし、私の弟は道工大・中退(がくっ。)だし。
平沢進さんも理科系だし(笑)。やせた歯医者のパール兄弟ってのも、いたね~。
まぁ、彼らがパンクスであるか、どーかはまた別の話ですが(笑)。
■そうではなくても(?)斎藤茂吉&北杜夫の文学親子は、医者=自然科学者だ。
茂吉ついでに、岡井隆@医者や永田和宏@細胞生物学者など、歌人に自然科学者は多い。
私の最初のアイドル=手塚治虫も医者だったし、昆虫コレクターだったし。
微分の視線が、文学をおびき寄せるからか?
さらには、自然科学者とは人文系以上に、分類や解析好きなヲタクだからか?
いずれにせよ、優れた仕事の多くは、数学的に準備され、言語的に超えられる

>大学の方が教えることが教授によって、小中高より狭く精選されているので、文系パンクスには満足できる環境なはずデス。

■結局、学ぶ側が成長しないと、教える側も持て余す、ってコトか?
それにしても私が大学一年生のときに一般教養でとった心理学はすげーつまらんかった。高校時代に読んだフロイトやユングは、あんなに面白かったのに。
同様に一般教養でとったフランス文学と哲学は、受講生のレベルが低すぎて教授が「お前たち、こんなことも知らんのか!」とか「これも読んでいないのか!」と、怒りを通り過ぎて落ち込んでいた(がくっ。)。
やっぱ、学校は、学ぶ側と教える側の両方で作るものなのね♪
■ちなみに私の通った大学はレベルが低かったので、私はずいぶん英文学や哲学などのレポートのアルバイトで小金を稼ぎました(笑)。

>ワタクシィは「教わっている生徒がおもしろいと感じないことは、教える価値がない」という価値観のウンドーに加わるために夜な夜な通っているノーデス。これも振り返れば初期衝動デス。

■確かに。
jimonoさん同様、私の弟や福原商店さんのように40歳を過ぎてから大学院で学ぶのって、すげーいいことだよな。
サカタの言葉を逆利用(?)すれば、「友達と一緒に馬鹿げたことや素晴らしいことの数々」を排除した純粋学校が、40歳を過ぎてからなら成立しそうだ。
また、学ぶことも初期衝動である、ってーのは、ニンゲン証明だね♪

>1年間キリスト教会に見習いで通っていたことがあって、そこでついでに♪ちょっとだけ、見よっ!バンドもやっていた

■観た&聴いた~♪かっちょいー!
私がニューヨーク・ハーレムのアポロ・シアターで大絶賛を得た2001年5月に、jimonoさんも西海岸で表現をしていたんだね~(笑)。
私が上記の月見猫へのレスで書いたこと地続きで言えば、「表現」とは「説得力」のことなんだね。
動画で観て、すげーうらやましいのは、神父さんの話が自然に歌とリズムになる地続きぶり!
これは確かに、「表現」の究極の理想のひとつかもしれないね。
田中小実昌が谷崎賞を受賞した小説『ポロポロ』は、作者の父親が牧師だった呉の教会が舞台だけど、
ここでは十字架も祈りも無く、信者は言葉にならないことを叫んだり、つぶやいたり、ただポロポロやっているだけ。
このポロポロは、言葉でも祈りでもないかもしれないけれど、同時に、言葉と祈りの本質について考えるときには重要なことが濃く含まれている。

■この話題の流れで、ロックの定義の話題につながると思うので、ここまでで使われている単語の組み合わせで解釈すれば、
ロックとは、初期衝動そのものが思想になりえる現場。・・・R&Rとかパンクなど。
さらに、ロックとは、初期衝動の相対化。・・・プログレとかニューウェーブなど。
で、これらではない音楽は、ロックではありましぇ~ん。
田中小実昌は東大哲学科中退の異色の小説家だったが、その1925年~2000年の人生でロック体験があったかどうかは、謎。
しかし、大学時代からストリップ劇場の雑用係、バーテン、露天商、易者などを転々としてから小説家になったのだから、ローリング・ストーンではあるわけだ。

http://www.geocities.jp/kyouhanshinbun/

 

音楽史家は助かるであろう

 投稿者:共犯夜中の作業員サカタ@カナダ  投稿日:2012年 1月18日(水)10時00分17秒
返信・引用
  共犯新聞一面でアブスト進歩改革の歩みを読んだよ。
後世の音楽史家がやるはずのアブスト解析を、当人たちが
そうかこうだったのかとやってるところがおかしい。まあいまは
21世紀だから、もう後世といえばいえるね。面白かったです。
 

レンタル掲示板
/14