Reload


teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:3/277 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

お引っ越しシンドローム

 投稿者:久保AB-ST元宏  投稿日:2019年 8月 1日(木)14時31分18秒
  通報 返信・引用 編集済
  Well Mr.泰弘さん was talking last night Magneto and Titanium Man♪
>ヤフーが12月から、ぶろぐ廃止を決定

私と同じっ
私のホームページ『共犯新聞』は2001年3月31日に開設したのですが、
元々のgeocitesがヤフー傘下に入り、2019年4月1日からヤフーがホームページも廃止にしたのです。
んで、私も泰弘さんの「fc2」と同じ系列の「hp2」へ2019年4月1日から引っ越ししたのです。
その引っ越しは、ずいぶん早い時期から『共犯新聞』1面の最上段に、
みなさまの『共犯新聞』のアドレスが「お気に入り」アドレスの変更を、してね♪変わりました。This hme page's address was changed !⇒http://kyouhanshinbun.hp2.jp/index.html

と、告知していたのですが、
しか・・・・・・・・・死?かし、
さすが『共犯新聞』の無料&無断愛読者のみなさまは、そーゆー細かいメンテはせずに、
毎日ほぼほぼ100アクセスだったカウンターも、2019年4月1日には突然!30アクセスに激減したのです~(微苦笑&がくっ。)。
その後、お通夜の席(?)なので、こっそりと、「ところで久保のホームページ、見れないんだけど。どした?」と聞かれては、説明するしだい。
それでも、こーして、私と面識がある方は聞いてきますが、
無断で見ている共犯ウオッチャーは、毎日の楽しみが無くなり(?)共犯ロス
なってさまよっているようです。
確かに、PCやスマホの検索では、まだ&まだ、古いURLを紹介しちゃうよーですしね。多くの方は、『共犯新聞』は廃刊したと思っているようです(笑)。
と、思えば、先日、twitter内で『共犯新聞』を検索すれば、私の知らない人々の間で、こんな感じで話題になっていたり(微苦笑)。

なるほど!インターネットサーフィンしてたら、
フツーに共犯新聞の記事が表示されてびっくりしたのですが…
移転していたのですね~!教えていただきありがとうございます??♂?
― ていたらく (@TeiTara2) 2019年4月20日

>私の体調は良好ですーー、6日頃退院です。

■あーん。つい、なんだか他の理由もありそうで、謎。
ドクター!風邪が治らない~って、普通そんなにすぐには治らないのかな?健康の理由でなければ良んだけど。
って、『共犯新聞』に書いちまったら、あらら、やっぱ泰弘さん、ご入院されていたのですか!
まぁ、それでも検査入院は、健康&予防などのためには、むしろ、どん&どん、入院すべきです♪
退院後にお時間があれば、引き続き私の祖父の手帳の読解アドバイスを、よろしくお願いいたします。
『共犯新聞』1面から消えても、ここに保存してありますので、ごゆっくりどうぞ♪

http://kyouhanshinbun.hp2.jp/china-incident1938-0806.htm

>日向守さんとも、いまのところ連絡とれません。

■どーやら、そのよーですね。
泰弘さんのブログの引っ越し前後の、お二人のカキコミには温かい友情を感じます。
そんなお二人でも、私と同様、お互いの素性も住所も本名も(!)ご存知ない、っーのも、新しい世界に我らは住み始めて久しい、ってことなんでしょうねぇ~。
私も「小嶋日向守」で検索してみましたが、某博物館の学芸員的な方が出てきたので、日向守さん的だな~とは思いましたが、
ネットの世界のエチケット&モラルとしては、コミットしてゆくのには遠慮してしまいますよね~。
ただ、日向守さんが「他のヤフーブログからの移転を行っている方は、あのヤフーの引っ越しソフトを使うのはやめたほうが良いです。」と書かれていたことは、
私は知りませんでしたが、結果的に「ヤフーの引っ越しソフト」は使いませんでしたので、今のところ、引っ越しトラブル(?)は、ありません(笑)。

>使い勝手の悪いタブレットからでごめん

■泰弘さんが、不便な環境からでも、こうして一筆書いていただいたことに感謝申し上げます。
それにしても、『共犯新聞』にも書きましたが、
歴史とは、こーゆー多くの方の知識などを補いながら構築してゆく普段の情報整理の永久運動であり、だからこそ、記憶は人間と一緒に消えてゆくので、我々は記憶や記録に出会えた時には真摯に向き合い、次世代へバトン私と同じっを渡さなければならない。
ってコトの重要さを、さらに重く感じます。
ましてや、戦争の記憶であれば、なおさら。
泰弘さん、ありがとうございます。そして、お大事に♪

http://kyouhanshinbun.hp2.jp/index.html

 
 
》記事一覧表示

新着順:3/277 《前のページ | 次のページ》
/277