Reload


teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:18/245 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ゆうたろう氏に会った!

 投稿者:中野真吾  投稿日:2017年12月12日(火)21時52分11秒
  通報 返信・引用
  三宅“土人”伸也氏にはもう会う方法がないわけですが、ゆうたろう氏は「麦」というネパール料理のお店に行けば会えると聞いて、今日の昼に行って来ました。写真で見るときつめの男前であるゆうたろう氏は、とっつきのいいお兄ちゃんで、気楽に話しかけることができました。
中:ゆうたろうさんですよね。
ゆ:そうですが…
中:ホーボーズ・ジャングルの「ゴールデン・タイム」を聞かせてもらったんで…
ゆ:へえ~。またなぜ…
中:話すと長いんですが、久保元宏さん、ご存知ですよね。
ゆ:久保さん!アブノーマル・ストリッパーの!北海道の!
中:僕は久保さんの共犯新聞のファンで、ゲストブックにファンレターみたいなのを書いたら返事をくれて、やり取りしてるうちに「岡山在住なら“どじん”をご存じですか」と言われて(以下略)
というわけで、いろいろ話をしました。
「久保さんの音楽は、ともかく凄かったですね。続けてればいいところまで行っていたと思うんですが、本当にスパッとやめちゃって」「曲はストレートなんですが、歌詞はPモデルとかあの辺の影響を受けてて、パレスチナのこととかガンガンうたってました」「姿がまたかっこいいんですよ。身長180センチくらいあって」「共犯新聞(笑)、ライブでやってましたね。メンバーが出てきたけどボーカルがいないと思ったら、久保さんが朗読するんです」自分のこととかバンドのこととかろくにしゃべらないで、ともかく久保さん、久保さんでした。
なぜ共犯新聞を知ったのかと聞かれて「共犯幻想を調べようとネットを検索してたら偶然見つけて」と言ったら「共犯幻想って?」と聞かれ、これこれこうこうと説明したら「共犯新聞ってそこから来てるんですか」と納得してました。今度持って行ってみよう。
ともかく話がはずんで、これほどおいしい昼ご飯を食べたのは久しぶりでした。まるっきり話し足らないので、近いうちにまた行きます。会ったことのない久保さんと会うことができない三宅さんのおかげで、すぐ近くにいるまだ知らない人に会うことができました。ありがとうございます。
 
 
》記事一覧表示

新着順:18/245 《前のページ | 次のページ》
/245