Reload


teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:159/281 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

いつか私の詩も、センター試験の問題になるだろう。

 投稿者:久保AB-ST元宏  投稿日:2013年 1月30日(水)11時31分55秒
  通報 返信・引用 編集済
  ♪どこでもドアを手に入れたロックンロール・ボーイの成れの果て。O'sanity, o'sanity Why don't Mr.国家メロメロこかめろ let me go
>「坂口安吾のオモチャ箱」から牧野信一を知った私には夢物語に感じる。

坂口安吾の短編小説パラパラ・・・「オモチャ箱」は無料インターネット・サイトの青空文庫で読めるので、私も君のカキコミをきっかけに再読してみたよ♪
これは坂口安吾が1947年に発表した、牧野信一を三枝庄吉という名前にして自殺までを描いた短編なんだけど、やっぱ、おもしろい。
安吾のニヒリステッックな文体がクールに悲しく美しい。
この文体は、三遊亭園朝(1839~1900)→二葉亭四迷(1864~1909)の系譜の音楽の饒舌だ。
安吾自身も、庄吉の「後輩の栗栖按吉といふカケダシの三文々士」として登場している。
冒頭から、世間では「芸人芸術家はみんなそれぞれ一種の気違ひだといふやうに考へたがるものであるが」、
そうではない、と同時に、さらに高いところにいることを書いている。
「予定のプラン通りに行くものなら、これは創作活動ではなくて細工物の製造で、よくできた細工はつくれても芸術といふ創造は行はれない。」と、続ける。

>面白いコンテンツを毎度どうも!

■『共犯新聞』の訪問者カウンターが今朝、いつもの倍まわっていた~。
ふだん約100→今朝200以上。
昨日もかなり回ってたけど、受験生が「センター試験 小林秀雄」でググったのかな?
むしろ、高校や塾の先生にこそ、この共犯記事は参考になると思うけど(笑)。

http://www.geocities.jp/kyouhanshinbun/index.html

 
 
》記事一覧表示

新着順:159/281 《前のページ | 次のページ》
/281