teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ブランド偽物_ブランドスーパーコピー激安市場(10)
  2. 足あと帳(2)
  3. 厚労省。森光敬子。不正流用は明白です(0)
  4. ヴィトンコピー _ブランド激安偽物(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


6月議会陳情 ③

 投稿者:茨城県南政治を質す会  投稿日:2016年 1月 5日(火)17時50分25秒
編集済
  陳情第108号
受付平成27年3月30日
付託平成27年5月27日
公立小学校新入学児童にランドセルを贈る陳情
・陳情趣旨
子育て支援の一環として、ランドセルの無償配布。土浦市・石岡市・日立市(昭和50 年~)
等、県内10 ほどの自治体で行われているようです。その他岐阜・大阪の一部でも行われてい
ます。
教科書の無償配布と同時に、4,000~5,000 円(土浦市)と決して豪華な品物ではありません
が、保護者からは大変喜ばれているようです。
保護者の経済的負担の軽減と言う長所の反面、画一性を強いると言う短所もあります。
・陳情事項
取手市立小学校入学時の全児童に一律に、ランドセルを無償配布する事。
型式は一律とするが、色は選択出来るものとする。
具体的な配布方法は、関係部署にて協議の上決定する。
以上、陳情いたします。
平成27年5月11日
陳情者
住所取手市宮和田985-19
氏名斎藤隆
取手市議会議長佐藤隆治殿

5:20 不採択
 
 

6月議会 陳情②

 投稿者:茨城県南政治を質す会  投稿日:2016年 1月 5日(火)17時24分9秒
編集済
  議会に提出した陳情の上程審査を求める陳情
・陳情趣旨
政治倫理条例改正につき議員提案(事実は一公務員が個人で立案した原案を提出した疑いの
あるもの)として議会で意思決定し、議長が条例施行権者である取手市長に条例案を送付、市
長は職権により条例施行手続きの署名をした上、同条例を施行させたもので、これを基に各種
報告書の提出及び社会規範の遵守が求められる議員等は同条例の規制を受け議員活動がされて
いるところ、陳情に対する上程に関する平成26 年第3回定例会における平成26 年8 月28 日議
会運営委員会記録によれば、陳情書等処理規程(条例改正案と同一公務員が個人で立案した原
案を提出した疑いのあるもの)第2条(8)その他云々とする条項により陳情を選別した3件
がある。同議会運営委員会は更に越権行為である政治倫理審査会へ審査請求することを求め、
同陳情3件を上程せず、願意のある意思を選択し世論を無視した。然しながら政治倫理審査会
は審査の対象にならないと、これ又、政治倫理条例全文をどのように運用し結果を求めたのか
疑問である。
更に政治倫理審査会は同条例第4条に定める”業務委託”について「保育所(園)は児童福
祉法により運営されているため、通常の委託業務と区別されるべきであり」と条文を無視する
ような決定をしている。
又、議長は陳情提出者の質問に文書で回答した”業務委託”について「児童福祉法に基づく、
保育の委託については、たとえ委託という形態においても通常の契約(営利目的の商取引)と
異なり、契約内容が一方的に定められ、当事者の意思によって左右される余地がほぼないと解
されます。よって、児童福祉法に基づく、保育の申し込みから発生する契約関係については、
政治倫理条例に規定する業務委託に該当しないと解します」と記されている。以上2つの決定
は児童福祉法を基に”認定子ども園””施設給付型幼稚園””保育園”にそれぞれ児童のうち”
乳児・幼児”を法令の定めにより業務委託の手続きの上、保育の委託をしており、委託に際し、
主管課長の運用に必要な”取手市保育の実施に関する条例”及び”同条例施行規則”を定め、
社会福祉法や児童福祉法を補完した上、児童の保育についての手続きは、いかなる理由であれ
児童の保育業務も主管課長が運用する法令の示すものは”業務委託”であって、第3者が変更
することはできないことになる。その大きな理由に、政治倫理条例に定める業務委託について、
取手市が行う業務で該当するもの、又は除外するものが定められていないため取手市が行う業
務の委託は、すべて含有することを条文は示している。
議会運営委員会記録によれば業務委託等について、事務局に精査を指示しているが3ヶ月余
になるがその動きはないことも事実としてある。何故、公務員まかせなのか。直近の牛久市議
会では政治倫理条例の原案から議案化まで議員が行った事を事実として確認している。
取手市議会には”生活のため””議員になる者がいなくなる”など議員の私生活のための4年
間の議席ではないことを自覚し、市民の代表として、市民のための行政をチェックする議席で
あることを忘れられてはこまることを”キモ”に命じてほしいと同時に議会や政治倫理審査会
は政治倫理について、重要な事項の決議機関(審査)ですが、専門性に乏しい人達の集まりの
中、”わたし”を中心にものごとを都合よく把握し、他者の存在をまったく考慮に入れない狭隘
かつ粗雑な世界観があちこちから漏れ出ている結果の弊害は是正されるべきであることを付け
陳情第108号
受付平成27年3月30日
付託平成27年5月27日
加えるものです。
以上の理由により平成26 年8月28 日、議会運営委員会における陳情(2)(3)(4)につ
いて、議会に上程しない決定をしたが陳情が法令に反している理由が指摘されず上程しない事
は議員等の権能を放棄した事になる。よって、議会に上程の上、審査すべきで、結果決定され
た議会の意思に対し異議を申し立てる立場にないことと併せ、上程されることを求め陳情する。
・陳情事項
1.政治倫理条例条文中、”業務委託”の扱いについて、主管課長が法令に従って運用されてい
ることを基本として、政治倫理条例を扱う者が同一に扱う事ができる条文に改正すること。
2.平成26 年8月28 日、議会運営委員会における、上程しないとした陳情(2)(3)(4)
について陳情趣旨の理由から上程すべく決定すること。
以上、諸規定を基に陳情する。
平成27年3月30日
陳情者
住所取手市米ノ井126-38
氏名坂巻弘始
取手市議会議長佐藤隆治殿

7:17 不採択
 

6月議会陳情①

 投稿者:茨城県南政治を質す会  投稿日:2016年 1月 5日(火)17時11分10秒
  陳情第97号
受付平成26年10月2日
付託平成26年11月26日
取手市議会議員の議員定数削減を求める陳情
・陳情趣旨
議会に対し陳情と云う形で提言や苦言を提してきた。然し、議会は陳情上程に際し、検閲と
同等の規程を定め、平成26 年3月議会定例会より陳情選別の暴挙に走り、議会基本条例に定め
る市民の多用な意見の提言との定めを反故同然とし、住民の声を無視する方法をとっている。
もの言う市民として今後も意思表示の覚悟と取手市議会議員の議会活動及び通常の議員活動
においても一部議員における稚拙な政治家としての行動を正すことは有権者である当然の市民
の権利と義務であると考え、本音一筋、議会に漣みを立ててきましたがこれからも漣みを立て
たいと思い本陳情を提出します。
平成20 年より、議会の傍聴・議事録の閲覧・各種報告書の閲覧、そして陳情の提出と同時に
意見陳述や意見書の提出の結果、議員としての品性・品格に欠ける議員2名が取手市議会より
退場された事実がある。一方、今だ議員に相応しいとは言えない議員が存在する。政治家の自
己改革と身を切る覚悟を示すべきは本来議員歳費を削減し、政治姿勢を明らかにすべきところ、
民意を反映する代表である議員数削減は積極的賛成ではないが品性・品格を考えた時、取手市
議会は現在、現職議員24 名により議会活動が実行されている。結果として24 名による人的不
都合が本会議及び委員会構成要件においても発生していない事実がある。よって次期任期より
議員定数を23 名とする事を提言する。
・陳情事項
取手市議会議員定数を次期任期より23 名とすること。
以上、取手市議会会議規則第145 条を基に陳情すると共に住所氏名の公表を可とする。
平成26年10月2日
陳情者
住所取手市米ノ井126 の38
氏名坂巻弘始

0:25不採択

https://youtu.be/t2RpIqvTdwU

 

3号機プール内瓦礫撤去:予定をずらす手口を何度も繰り返して10月になった今も着手してない(燃料のあった所を覆い隠す瓦礫の撤去作業)。燃料飛散済隠し続けるためだろう。

 投稿者:命を大切に思う者  投稿日:2015年10月 4日(日)19時49分16秒
編集済
  ■福島原発3号機プール内の、燃料のあった所を覆い隠してる瓦礫の山に、
未だに手を付けずに隠し続ける暴挙を許すな! そこの瓦礫撤去をすぐ開始させよう。

http://fukushimadisasternote.1apps.com/tepco_schedule3.gif

予定表のソース(経産省サイト内)
2014年5月発表 http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/pdf/0529/140529_01_031.pdf#page=4
2014年6月発表 http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/pdf/140627/140627_01_032.pdf#page=3
2014年11月発表 http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/pdf/141127/141127_01_041.pdf#page=3
2015年2月発表 http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/pdf/150226/150226_01_3_5_04.pdf#page=4&zoom=60
2015年5月発表 http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/decommissioning/committee/osensuitaisakuteam/2015/pdf/150528_01_3_05_05.pdf#page=2
2015年8月発表 http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/roadmap/images/l150825_05-j.pdf#page=7
2015年10月発表 http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/roadmap/images/d151001_07-j.pdf#page=6&zoom=50

年間1mSV超も心配ですが、
放射線量に現れない毒の粉である、福島原発3号機プール内の燃料の、
何割かがすでに大気中に飛散してしまっていて毎日それを吸わされ、
近い将来死ぬ,身体にされる人が増え続けている心配をした方がいいです。

飛散済か否か白黒付けるには、3号機プール内を覆い隠している瓦礫の山を撤去し、
プール内の燃料のあった場所を目視できるようにする以外に方法はありません
(測定で未発見や今現在肺癌なしは証拠にならない。理由は http://j55.pw/5dkN )。
ところが、東電と政府は、その目視をさせないように妨害し続けています。

上図の、3号機プール内の瓦礫撤去作業の予定表の変遷を見てください。
この1年9ヶ月、燃料のあった場所を覆い隠している瓦礫の山に関しては、
撤去の開始予定日が近づく度に開始予定日を後にずらすだけ、
ずらすのを何度も何度も繰り返して来ただけです。

●こんな手口をこれ以上許しては駄目。今度こそ、何が何でもそこの瓦礫を撤去させるのです。
飛散済だった場合、白黒付くのが遅れたら遅れた分だけ犠牲者が増えます。

東電は「撤去は進んでる」と言うけれど、これまでに公開された映像は、
最初から見えてた,プール端の2~3本と、FHM撤去の結果,現れた,8本だけ。
燃料のあった場所が見えるようになる瓦礫には、未だに手を付けていないんですよ。

プール周辺の瓦礫は、建屋内の放射線量が高い中でもすぐに撤去できたのに、
プールの中の瓦礫になった途端、建屋内の放射線量が高いからを理由に実質的に2年近く中断してる。
彼らは、瓦礫の下を誰にも見せない、自分も見ずに済ますために、わざと瓦礫の山を残してるのです。
発覚した場合に「自分も知らなかったから自分は悪くない」と言い逃れできるようにしておくために...

プール内の燃料が核分裂連鎖反応を起こすことは、
原理的に,起こり得る話であり、
状況証拠は、それが起こってしまったことを示している(詳細は http://j55.pw/Asa9 )。
燃料のあった場所を見もせずに「燃料は飛散してないに決まってる」
と言える状況ではないのです。

http://fukushimadisasternote.1apps.com/

 

3号機プール内燃料飛散済,覆い隠し続ける為に,瓦礫撤去わざと遅らせ続ける手口,許すな。燃料が何本目視できるとこまでできたのか公表させよう。

 投稿者:命を大切に思う者  投稿日:2015年 9月 7日(月)18時46分10秒
編集済
  2015年8月に発表された予定表と、
2015年10月に発表された予定表を盛り込んで投稿し直しましたので、
そちら(↑)を見てください。

http://fukushimadisasternote.1apps.com/

 

5

 投稿者:2  投稿日:2015年 9月 6日(日)14時24分42秒
編集済
  4

http://

 

選挙カータクシー

 投稿者:松丸 尚  投稿日:2015年 8月 7日(金)11時00分14秒
  選挙カータクシーの映像をお送り致します。ご査収のほどよろしくお願い申し上げます。  

6月議会 陳情①

 投稿者:県南政治を質す会  投稿日:2015年 5月16日(土)13時58分14秒
  子育て支援-1

公立小学校新入学児童にランドセルを贈る陳情

・陳情趣旨
子育て支援の一環として、ランドセルの無償配布。土浦市・石岡市・日立市(昭和50年~)等、県内10ほどの自治体で行われているようです。その他岐阜・大阪の一部でも行われています。
教科書の無償配布と同時に、4000~5000円(土浦市)と決して豪華な品物ではありませんが、保護者からは大変喜ばれているようです。
保護者の経済的負担の軽減と言う長所の反面、画一性を強いると言う短所もあります。

・陳情事項
 取手市立小学校入学時の全児童に一律に、ランドセルを無償配布する事。
  型式は一律とするが、色は選択出来るものとする。
具体的な配布方法は、関係部署にて協議の上決定する。

 以上、陳情いたします。

 平成27年 5月 7日
陳情者
住 所  取手市宮和田985-19
                  氏 名  斎藤 隆   ?
取手市議会議長 殿





?
 

5461

 投稿者:斉藤たかし  投稿日:2015年 4月28日(火)08時54分59秒
  5461票、感謝です。
これをバネに、1月リベンジに向け始動します。
 

それは、バリアフリーから!

 投稿者:斉藤たかし  投稿日:2015年 4月22日(水)21時20分6秒
  今朝、藤代駅で駅立ち。
普段通りの時間に出勤?
競争相手の配下 に遅れを摂る。
私が候補者本人だからなのか?高齢者だからなのか?障がい者だからなのか?
それとも、有り余る余裕からなのか?
真意は不明だが、特等席を譲っていただいた。
この若者、競争相手の弟さんらしい。
なかなかの猛者と見た。有難うございました。
 

文化芸術都市の証

 投稿者:斉藤たかし  投稿日:2015年 4月21日(火)22時30分54秒
  文化芸術都市の証
それは、バリアフリーから!
 

補選

 投稿者:斉藤たかし  投稿日:2015年 4月21日(火)07時38分0秒
編集済
  高齢者・障害者の代弁者でありたい
バリアフリー条例の現実化
全市内域の歩道修復整備
取手駅東口にエレベーターを設置
学校給食の安全確保
食材のトレサビリティーの徹底(正体の鮮明化)
子育て支援の拡充
保育の質向上と時間帯の大幅拡大

写真は、斉藤たかし自らの議会陳情により実現した、取手東口『ことバス停留所』の屋根とベンチです。

 

1

 投稿者:1  投稿日:2015年 4月21日(火)06時29分48秒
編集済
  1  

手を上げます

 投稿者:斉藤たかし  投稿日:2015年 4月18日(土)09時18分56秒
編集済
  茨城県の玄関口「取手駅」。
乗降客は、水戸駅(56082/日)に次ぐ県内第二位(55536/日)。
バリアフリー化の速度は、13位の藤代駅
(13968/日)に圧倒的に劣っています。

西口側にエスカレーターは有るものの、エレベーターは飾り物状態です。
東口側はどうでしょうか?
エレベーターどころか、エスカレーターも無く、急傾斜の階段のみの現状です。
歴代市長が如何のと言っても始まりませんが、取手市政が如何に市民不在か示されている現状です。
これまで、何度も東口問題で住民運動が起きては潰れしていました。
頼みの綱は、市長であったり、市議会であったはずです。
彼らは必ず、『相手がJRなもので』と前置きしてから始めます。
「相手が途轍もなく大きいので、話は聞いてもらえない」とでも言いたげに、話をはじめます。
「やっているんだけど、出きません。」と言い出すのが定石です。
始めから、やる気が無いと言われても、仕方がありません。
平たく言えば、市長も議会もさぼっています。
25年12月議会に私が『取手駅東口のことバス停留所に、屋根とベンチを作ろう』と市議会へ陳情を出しました。採択・予算計上を経て、26年9月末に完成。
たった一人の一市民、しかもまともに歩けない身障者が問題を提起して、行動した結果、屋根とベンチが出来ました。
出来たとたん、市議さんたちから、こんな発言が続々。
「私たちもこの件では、言い続けて来たんだけど。」・・・・・・
陳情採択に協力して頂いた事に感謝しています。
しかし、議員として発議した方はいませんでした。
あまりにも情けない議会ではありませんか。
だから、私は手を上げます! 明日!
 

(無題)

 投稿者:拡散  投稿日:2014年12月13日(土)06時43分29秒
  十勝おやじの背中を超える会

2010年9月24日 ?

? .

小さい白いにわとりが、みんなにむかって言いました。

「この麦、誰が撒きますか?」

ぶたは「いやだ。」と言いました。

ねこも「いやだ。」と言いました。

犬も「いやだ。」と言いました。

小さい白いにわとりは、ひとりで麦を撒きました。

小さい白いにわとりが、みんなにむかって言いました。

「この麦、誰が刈りますか?」

ぶたは「いやだ。」と言いました。

ねこも「いやだ。」と言いました。

犬も「いやだ。」と言いました。

小さい白いにわとりは、ひとりで麦を刈りました。

小さい白いにわとりが、みんなにむかって言いました。

「誰が粉をひきますか?」

ぶたは「いやだ。」と言いました。

ねこも「いやだ。」と言いました。

犬も「いやだ。」と言いました。

小さい白いにわとりは、ひとりで粉をひきました。

小さい白いにわとりが、みんなにむかって言いました。

「誰がパンを焼きますか?」

ぶたは「いやだ。」と言いました。

ねこも「いやだ。」と言いました。

犬も「いやだ。」と言いました。

小さい白いにわとりは、ひとりでパンを焼きました。

小さい白いにわとりが、みんなにむかって言いました。

「このパン、誰が食べますか?」

ぶたは「食べる。」と言いました。

ねこも「食べる。」と言いました。

犬も「食べる。」と言いました。

これは、ウクライナに伝わる民話です。

日本の国語の教科書に載っていたこともあるそうです。

普通に読むとアリとキリギリスと同じように、真面目にコツコツ働く人とおいしいところだけ持っていく人の話として読む人が多いのではないでしょうか?

皆さんはこのお話をどのように読みますか?

自分を誰に当てはめますか?

さて、これを現代風にアレンジしてみるとどうなるでしょうか?

小さい白いにわとりが、みんなに向かって言いました。

「今年も麦ができたので、50円でどうですか?」

麦はみんなの主食です。

ずっと昔は、みんなで作っていたのですが、

お金やクルマなど便利なものが登場し、

誰もが町へ出て別の仕事をするようになったのです。

ぶたは「高い。」と言いました。

「隣の国の細くて茶色いにわとりの作る麦は、もっと安いよ。」

ねこも「高い。」と言いました。

「もっと安くする努力をしてよ。」

犬も「高い。」と言いました。

「隣の国なら、30円だよ。」

みんなは結局、細くて茶色いにわとりの作った麦を買い、主食を安くあげました。

小さい白いにわとりは、首をかしげて考えました。

「何を作れば売れるのかしら。」

そこへ、学者のきつねがやってきて、「ブドウはどう?」と言いました。

「ブドウなら、100円で売れるよ!」

小さい白いにわとりは、みんなに向かって言いました。

「甘いブドウならどうですか?」

ぶたは「いいね。」と言いました。

ねこも「いいね。」と言いました。

犬も「いいね。」と言いました。

小さい白いにわとりはブドウを作ると決めました。

次の年。

ブドウがたわわに実ったので、小さい白いにわとりが、みんなに向かって言いました。

「ブドウができたので、100円でどうですか?」

ぶたは「いいね。」と言いました。

ねこも「いいね。」と言いました。

犬も「いいね。」と言いました。

小さい白いにわとりは、麦のときよりも多くのお金を手にしました。

この年も、みんなは隣の国のにわとりが作る安い麦を買いました。

一方、小さい白いにわとりは、畑の端っこで、自分たちが食べる分の麦だけは育てていました。

次の年のことでした。

隣の国のお金持ちのくじゃくがやってきて、小さい白いにわとりに言いました。

「このブドウ、120円で売ってくださいな。」

小さい白いにわとりは喜び、「もちろん。」と言いました。

そしてみんなに売った前の年よりも、多くのお金をもらいました。

そんなとき、隣の国の細くて茶色いにわとりがやってきて、みんなに向かって言いました。

「今年の麦は高いですよ。」

ぶたは「いくら?」と聞きました。

ねこも「いくら?」と聞きました。

犬も「いくら?」と聞きました。

細くて茶色いにわとりは、胸を張って言いました。

「80円です。」

麦は大事な主食です。

ぶたは「仕方ない。買う。」と言いました。

ねこも「仕方ない。買う。」と言いました。

犬も「仕方ない。買う。」と言いました。

そのとき、みんなは思い出しました。

小さい白いにわとりなら、確か50円で売っていたぞ。

あそこに頼もう。

みんなは小さい白いにわとりを訪ねて言いました。

「60円で麦を売ってくださいな。」

小さい白いにわとりは言いました。

「今は60円の麦なんて、安すぎて作れません。」

「だってブドウなら、120円で売れるんです。」

さらに次の年のことでした。

ふたたびくじゃくがやってきて小さい白いにわとりに言いました。

「あなたのブドウはとてもおいしいから、今年は150円で買いますよ。」

小さい白いにわとりはたいそう喜び、「もちろん。」と言いました。

そして前の年よりもたくさんお金をもらいました。

小さい白いにわとりは、麦を作っていた昔よりも多くのお金を手に入れて、二度と困ることはありませんでした。

けれども同じその年のこと。

隣の国の細くて茶色いにわとりがやってきて、みんなに向かって言いました。

「今年は天気が悪くてね。みなさんに売る麦がありません」

ぶたは「困る。」と言いました。

ねこも「困る。」と言いました。

犬も「困る。」と言いました。

「だけどないものはないんです。」

細くて茶色いにわとりは、一目散に逃げました。

主食が手に入らなくなって、困ったみんなは話し合い、小さい白いにわとりを訪ねて言いました。

「高くてもいいから麦を売ってください。」

さてさて。

小さい白いにわとりは、みんなになんと言ったでしょう?

これはオヤセナのコーディネーターである近江正隆の著書「だから僕は船をおりた」の一節です。

農業者ではない僕が読むと、恐ろしさすら感じる物語です。

多分僕は「ぶた」や「ねこ」や「犬」と同じ様に考え、同じ様に困るのでしょう。

そして何もしてこなかった自分に負い目を感じながらも、小さい白いにわとりにお願いに行くのでしょう。

では農業者が読むとどのように感じるのでしょうか?

「今まで誰も手伝ってくれなかった。」

「ブドウさえ作っていれば自分は幸せになれる。」

「売ってもいいけどブドウと同じ価格だな。」

そう感じる農業者しかいない国はどうなってしまうのだろう。

上海のデパートでは、日本産の高級トマトが1個千円で売っているらしいこの時代、環境が整備されれば皆高く売れる中国に行ってしまうのだろうか?

少なくともオヤセナのメンバーは違うと信じています。

もちろんブドウを作ることは大切なことです。

いくら皆のためだからと言っても、安く買われる麦ばかりを作っていて、なお安く買い叩かれるのであれば続くはずがありません。

では、どうすればいいのでしょうか?

答えは「ぶた」や「ねこ」や「犬」の考え方にあるのではないでしょうか。

日頃から小さい白いにわとりと信頼関係を築いていれば困らなかったはずです。

互いを理解し、小さい白いにわとりにだけ負担がかからないよう皆で助け合うこと。

つまり「支えあうこと」を大切にしていれば困ることはなかったのだと思います。

また、小さい白いにわとりにも期待したい。

命の源と言っても過言ではない「食」に関わっていることの意味を感じていることを。

お金だけでは表現できない「食の価値」を身をもって知っていることを。

そこには買う方が上だとか作る方が上だとかそんなものが必要なんでしょうか?

どちらが上かなんて、そのときどきでいくらでも変わるものです。

そんなものに左右されない価値が食にはあるはずだと僕は思っています。

世界の食糧事情は大きく変化しています。

食糧危機は本当に来るかもしれません。

それが現実のものとなれば、小さい白いにわとりの話は物語ではなくノンフィクションとなります。

それまでに僕らにできることはなんでしょう?

もちろん、全員で麦を育てることではありません。

それはすごく簡単なことです。

お互いに手をとりあうこと。

きっとそれだけなんだと思います。

作り手は「いくらになるかなぁ~」だけではなく、食べる人の美味しそうな顔を思い浮かべて畑に立つ。

食べ手は、「一生懸命作ってくれたんだ」に感謝し食事をする。

それだけなんだと思います。

それが、素敵な未来に繋がっているのだと思います。

これが普通になれば「食の問題」として取り上げられている多くのことが解決されるはずです。

問題の多くは、「皆のため」じゃなくて「誰かのお金のため」に起きていると思うから。

食という命の源に関わることだからこそ、お金よりも大切なものがある。

そう信じたい。

そう信じる方々と繋がっていきたい。

そんなことを考えながら、オヤセナは進んでいます。
 

(無題)

 投稿者:県南政治を質す会  投稿日:2014年12月 1日(月)21時42分1秒
  県議選討論会報告
以下、敬称略。
出馬予定者7名中、出席者2名
上野高志代理人;高木あきら・小嶋吉弘本人。
病気欠席者 直前通告;細谷典夫
事前欠席通告者;中村修・谷口治
欠席無通告者;川口政弥・竹原大蔵
聴衆;25名(内とりでネット閲覧者0名、市民の広場閲覧者3名
    その他身内的存在22名

7中2名の参加に止まり、主催者側意気消沈。
場を座談会に変更。上野側、小嶋側双方、中身の詰まった話でありました。
双方相対する立場。白熱する場面もありましたが、紳士的に論争。
座談会へ変更とあって、女性のお客からは、「地元をどれだけ愛してるのですか」との質問も飛び出しました。
最終的には、国防論まで話が進みました。
双方の主張に「政治は、人々の為のもの。」の共通項を見出した次第でした。
本規格の通告は、11月上旬に電話で行い、25日FAXで行いました。
出欠については、上野・小嶋・竹原・細谷各位から、出席するとの意を含む通告を受けておりました。
中村予定者からは「出席の意思無し」。矢口予定者からは「不都合にて欠席」の通告あり。
『立場が逆なら私が討論会をやる』とまで言い出したが、最終確認の電話すら拒否した竹原予。
後援会事務員が、『必ず連絡させます』と言い切った、二代目川口。
どちらも、政策論争が不得手なのであろうと感じました。
ごらんの方々、反論等ありましたら、下記メルアドまで。

toridetadasau@amail.plala.or.jp





 

―県議選討論会プログラム―

 投稿者:茨城県南政治を質す会  投稿日:2014年11月29日(土)09時23分18秒
  ―県議選討論会プログラム
目的;①今回の県議選にエントリーされる方々の政策を、有権者に表明していただくこと。
   ②それぞれの政策の論点を討論により、明確にすること。
日時;11月29日18:00開場  18:30分開会
場所;取手市福祉会館 3階 講座室C
受付開始;18:00
開会18:30
①主催者挨拶
②司会 進行方法の説明
③主催者側からの質問
イ、東海原発再稼働を如何に考えるか? 代替えエネルギーは?
ロ、学校給食の安全維持について如何に考えるか。特に食材のトレサビリティー。
ハ、超高齢化社会の取り組み。
ニ、身体障害者に関する県の政策を如何に考えるか。
ホ、百里基地の米軍使用について如何に考えるか。
 ④立候補予定者の回答
※50音順でお願いたします。予定者発言時間各5分。
⑤各自の政策の陳述
  ※各5分以内で、お願いいたします。
⑥フリー討論
※質問希望者の挙手により開始。早いもの順。
質問、返答共に2分以内で、お願いいたします。
   原則として、1項目につき質問返答共に2回までといたします。
⑦閉会
・閉会挨拶
・開場かたつけにご協力願います。
その他
※立候補予定者の政策が良くわかる、リーフレット等の会場配布は、一種類だけ認めます。
※どうしても参加困難な立候補予定者の場合は、代理人1名を認めます。
 ただし、政策を熟知しスムーズに論戦出来る方といたします。
 組織的又は職業的な代弁専門家は、代理人として認めません。

主催者;茨城県南政治を質す会
連絡先;090-8087-7295  斎藤
 

官製談合? 所沢市 総合福祉センター建設工事 落札率99.9%

 投稿者:埼玉新聞読者  投稿日:2014年11月27日(木)19時42分2秒
  官製談合? 所沢市 総合福祉センター建設工事 落札率99.9%


所沢市の公共事業の落札率は95%以上が多く、99.9%という公共事業もあるようです(※1)。

一般的に、95%以上を「談合の疑いが極めて強い」、落札率 90%~95%を「 談合の疑いがある」とされています(※2、※3)。

つまり、所沢市の公共事業は「 談合 」と判断される水準でしょう。


所沢市の工事請負業者等指名委員会は「 所沢市の部長職 」によって構成されています(※4)。

もし、所沢市の幹部職員が落札者に対して、請負業者という弱味につけこみ、高い落札率を条件とした幹部職員への天下りの斡旋やなんらかの利益供与を要求しているのならば、市幹部という立場を悪用した市民に対する背任になりますよね。

実際、市幹部職員が雪見障子やガラスを業者から受け取っていたとして議会で問題提起されたことがあります(※5)。

所沢市の高い落札率をみると、このような腐敗が所沢市で常態化していると考えてしまいますね。


所沢市の公共事業の落札率は95%以上
http://ameblo.jp/tokorozawa-ameblo/entry-11949802450.html


※1 所沢市公共事業: 質疑が足りなかったのではないか ~ 高い落札率(落札率99.9%)
… 「傍聴席」 所沢の民主主義をサポートするささやかなメディア…
http://blogs.yahoo.co.jp/tokocitizen_c14/41550658.html

総合福祉センター建設(建築)工事

 入札は一般入札であるが、応募は「平岩・本橋特定建設工事共同企業体」1社のみである。また入札額は第1回、第2回とも予定価格をオーバー、(一般的には2回の入札で落札されない場合、入札は不調)備考欄に第1回見積合わせで落札と記載あり。数量を指定した電子入札であると思われるのに、「何の見積合わせ」を」「何の為に行ったのか」疑問が残る。そして落札率99.9%。

また総合福祉センターの建築、電気、機械設備の合計落札額は26億820万円,予算は26億2,608万円で全体の落札率は99.31%である。余りに落札率が高くはないか。また総合福祉センターは延床面積が6,158.6㎡、この落札金額では423,505円/㎡である。

因みに2007年の東京都内のRCマンションは230,000円/㎡(総合研究所、工事費)。

福祉センターの建設事例として広島県安佐南区地域福祉センターは(平成18年)工事費17億5,732万円、305,460円/㎡である。同区内の他の5施設の工事費を比較検討し建設工事費を㎡単価で26%削減したと公表している。

また、富岡公民館空調設備改修工事の入札には、入札者14社、落札率は95.48%。何故同時期に入札をおこなった総合福祉センターの(機械設備)落札率が98.57%で富岡公民館の空調は95.48%なのか。95.48%で総合福祉センターの(機械設備)が落札されれば1,400万円程度が節約でき、建設・電気設備をあわせた全体がこの比率で落札されればおよそ1億円が節約できていた。

※2 各工事の落札率が 95%以上を「談合の疑いが極めて強い」、落札率 90%~95%を「 談合の疑い. がある」とされている。
http://www.ombudsman.jp/taikai/6-rakusatsu.pdf#search='%E8%AB%87%E5%90%88++%E8%90%BD%E6%9C%AD%E7%8E%87++95%25'
http://www.ombudsman.jp/taikai/6-rakusatsu.pdf

※3 落札率

予定価格に対する落札額の割合。100%に近いほど落札業者の利益が大きく、談合によって落札率が上がれば、それだけ税金が無駄遣いされることになる。全国市民オンブズマン連絡会議などは「90%以上は談合の疑いがあり、95%はその疑いが極めて強い」と指摘している。

(2011-10-16 朝日新聞 朝刊 茨城 1地方)
https://kotobank.jp/word/%E8%90%BD%E6%9C%AD%E7%8E%87-885812

※4 所沢市工事請負業者等指名委員会規程
http://www1.g-reiki.net/tokorozawa/reiki_honbun/e309RG00000203.html#e000000048

※5 所沢市 官製談合疑惑
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%3A%E6%89%80%E6%B2%A2%E5%B8%82


所沢市の公共事業の落札率は95%以上
http://ameblo.jp/tokorozawa-ameblo/entry-11949802450.html

http://ameblo.jp/tokorozawa-ameblo/entry-11949802450.html

 

出入り禁止

 投稿者:管理人  投稿日:2014年 9月 2日(火)02時49分11秒
編集済
  ヘイトグループは投稿禁止です。
HN「チョンを殺せ、チョンは死ね
zz2004300023769bf05d.userreverse.dion.ne.jp(118.155.240.93)


 

とりでBB過去ログから

 投稿者:かけだし  投稿日:2014年 5月19日(月)12時16分28秒
編集済
  お隣の利根町では ・・・・・・ 利根町長 住民投票を待たずに退職
机の上の銀行
 市町村合併に積極的に取り組まなかったとして、住民団体から解職を求められていた利根町の遠山務町長は、住民投票を待たずに退職し出直し町長選で町民の判断を仰ぐことを、14日に表明したそうです。

 解職請求した住民団体「新しい利根町を創る会」の佐藤多喜子代表は
 「住民がリコールということに対して正しい判断をした意味が形に出た」
と、町長選に向け「決起集会を開き、候補者を擁立したい」と語ったそうです。

 県内首長への解職本請求は戦後9例目で、このうち請求を受けた首長が退職するのは初めてだそうです。

 遠山町長は退職の理由を次のように語ったそうです。
 「町政をこれ以上混乱させたくない」
 「住民投票の費用を福祉や教育へ振り分けたい」
 「住民の冷静な良識ある判断を頂きたい」
 解職請求の原因となった合併問題については
 「住民に対する説明が足らなかったと反省しているが、あのまま合併しても町のためにならない」
 「行財政改革には30万くらいの人口でないと効果がない」
  中核市実現に向け新法期限(2010年)まで広域合併に取り組む考え

 出直し町長選は14日から50日以内行われることになりました。
 合併に対する遠山町長の姿勢は、町民にどう評価されるのでしょうか。
?

http://

 

レンタル掲示板
/21