teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. 全力全開(0)
  4. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


影水

 投稿者:なーすけ  投稿日:2013年 8月10日(土)10時51分7秒
返信・引用
  将棋盤セットの事を、トウシンさんに問い合わせました。本物みたいです。かなりの価値があるみたいです。自分でオークションに出そうか、トウシンさんに依頼しようか悩みます。

それと、駒がもう一つありました。

あと、囲碁のセットもあります。
 
 

御礼

 投稿者:なーすけ  投稿日:2013年 8月 9日(金)15時33分58秒
返信・引用
  詳しいアドバイスありがとうございましたm(_ _)m

トウシンさんに問い合わせてみます。
 

Re: 影水  トウシンさんに連絡してみてはいかが

 投稿者:しろねこ  投稿日:2013年 8月 8日(木)11時39分49秒
返信・引用
  なーすけさんへ

> 将棋駒の事調べててこちらの掲示板にお邪魔してます。
>
> 影水と書かれた駒と将棋盤、駒おき?みたいなのがあります。数十年前に祖父がどこからか買ってきたらしいのです。私は将棋はしないので何もわかりません。ネットで調べたら、同じタイプの物が240万円で売られてます。しかし、まったく同じ者なのかはどこでわかりますか?マニアに聞くほうがいいですか?遺品整理のため売却したいです。

影水には贋作が多いですので処分されるのであればオークション出品代行トウシンさんに
連絡するほうが確かです。画像を添付するほうがいいと思います。盤駒店によって価格に
大きな幅もあります。

鑑定には信頼がありますので出品料は取られますが結局手元に残るのは自分で出品するより
高くなるのがほとんどです。数年前はそういう傾向でしたが今は見ていませんので
分かりません。

初投稿ありがとうございます。ご自分で持っていたほうがいいのではないかと思います。
本物でしたらかなりの高値が付きます。

囲碁・将棋用品の トウシン盤駒店

http://www.tohsin.com/
 

影水

 投稿者:なーすけ  投稿日:2013年 8月 8日(木)10時09分41秒
返信・引用
  将棋駒の事調べててこちらの掲示板にお邪魔してます。

影水と書かれた駒と将棋盤、駒おき?みたいなのがあります。数十年前に祖父がどこからか買ってきたらしいのです。私は将棋はしないので何もわかりません。ネットで調べたら、同じタイプの物が240万円で売られてます。しかし、まったく同じ者なのかはどこでわかりますか?マニアに聞くほうがいいですか?遺品整理のため売却したいです。
 

ヤフオクに駒を出品中

 投稿者:管理人  投稿日:2013年 5月20日(月)15時31分24秒
返信・引用 編集済
  思い切って処分することに決めました。よろしくお願い致します。

ヤフオクに出品中です。



一歩作 彫り駒 上彫り
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k160749476



香月彫り 水無瀬書 彫り駒 平箱付き 説明書付き
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k166012803



大竹竹風作 巻菱湖書 根柾 特上彫り
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h177124919



香月作 錦旗書 特上彫り
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g127617267




  
 

Re:将棋の駒を作りました

 投稿者:しろねこ  投稿日:2012年 7月 5日(木)20時12分28秒
返信・引用
  案山子殿

駒の板掲示板開設おめでとうございます。
銘駒図鑑の仲の良いコレクターの集まるところですね。
管理人さん、そのほか2年前にお世話になった人と掲示板を通してお話ができたらいいなと思っています。

早速書き込みさせていただきました。
竹風の駒もそのうちアップします。銘駒図鑑では画像が削除されてしまいました。
著作権情報センターの第9回著作権・著作隣接権懸賞論文の紹介がされています。
今月13日(金)の特許庁の知的財産権も参加するつもりです。

去年、参加しまして駒の件に特許庁審議官のほうから連絡があり実用品という答えでした。
駒は著作物にはなり得ません。
 

駒の掲示板を作りました

 投稿者:案山子  投稿日:2012年 6月29日(金)15時13分14秒
返信・引用
  しろねこさん
ご無沙汰です。コインを最近は集めているようですね。
「駒の板」という駒をメインにした掲示板を立ち上げました。

http://8232.teacup.com/komaita/bbs

私自身、将棋、および駒に関して新参者で
駒に興味を持ち始めたのは4年ほど前です。
将棋は子供の頃から見よう見真似でやっていました。
今は物故作家の彫駒を少しずつふやしています。
皆さんの書き込みをお待ちしています。
お暇なときにお気軽に寄っていただければ幸甚です。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

法律の解釈

 投稿者:案山子  投稿日:2011年12月20日(火)22時42分31秒
返信・引用
  しろねこさん ご無沙汰をしています。
彫刻の写真について、著作物にあたるかどうかという問題ですね。
私は著作物にあたるという考えです。彫刻を誰が撮影したとしても
その写真は左右上下の角度によってもそれぞれ異なるということが
大きな理由です。

法律はいろいろな解釈があります。大先生によっても、正反対の
意見が存在して、それが法律そのものを進化させてゆくのでしょう。
将棋の駒に著作権があるかないかについても、いろいろな意見がありますね。
その言い分はそれぞれ意味のあるものです。
どちらかだと決め付けてしめないで柔軟に正反対の意見でも理解して
ゆくことが大切かなと感じています。



 

彫刻の二次的著作物

 投稿者:しろねこ  投稿日:2011年12月19日(月)00時18分57秒
返信・引用
  >案山子さんへ

「絵画を撮影した写真は、絵画の複製物であるが、彫刻を撮影した写真については、どのようなアングルから撮影した写真も、彫刻が具えていない新たな表現上の思想感情ないしは表現を付加または合体させたものではないから、アングルに多少の工夫を凝らしてあっても、その写真は複製物である。

しかし、写真を面白く見せるために、照明を当てる角度や、遠近感、ぼかしなどに工夫が加えてあれば、彫刻の二次的著作物といえる。」

(渋谷・講義 53頁)。
 

RE:版画の著作権

 投稿者:しろねこ  投稿日:2011年 7月26日(火)19時52分56秒
返信・引用
  安産子様へ

>ただ、球が誰かの彫刻だとするとどこから撮影しても同じ形になりますから
著作物と言えなくなるかもしれませんが・・・(笑)

著作物といえます。彫刻や人形、建築物を撮影した写真については、被写体の著作物性の有無とは別に、写真自体に独自の創作性が認められます。
 

「コピライト」7月号が届く

 投稿者:しろねこ  投稿日:2011年 7月 3日(日)21時29分27秒
返信・引用
  著作権論文の結果が早く知りたいので今月号の「コピライト」7月号の到着を待っていました。本日届きました。ところが、肝心の著作権の論文のことが何も書かれていませんでした。

字母紙の著作物性の評価で遅れているのだろうか?

現代の名工として京都市の熊沢良尊師、児玉龍児師、新潟県三条市の二代目大竹竹風師が挙げられ、天童の伝統工芸士と肩を並べる。その3名の駒師の扱いはどうなるのか?

駒の著作物性も鑑定のように興味がある。


昨日の「デジタル万引き」について、「もちろん書籍を私的利用のために複製することは、著作権法上許容されており(著30条1項)、コンビニ等のコピー機を用いて行うことも許容されている(同法附則第5条の2)。しかし、私的利用の複製を超えるような複製や、法人・団体等で行う複製は、一般社団法人出版者著作権管理機構(JCOPY)等の複写権を管理している機関または著作権者からの許諾を得て行わなければ違法となる。」(「コピライト」2011年7月号、23頁)。
 

AKB48 パブリシテイ権

 投稿者:しろねこ  投稿日:2011年 7月 3日(日)21時27分38秒
返信・引用
  先日、ノートパソコンのヒューレット・パッカードの春モデルに当選しましたが次期OSの発売まで待つか、更新プログラムの配布が終了するまで今使っているパソコンを使い続けるか、価格コムの最安値より安価かなのかなど考えていました。

ヒューレット・パッカードのホームページを見ると、今はやりのAKB48のメンバーが動画に出演されている。欲しくなった。世界シェアNo.1の実績がある。電気店めぐりでもして知識を深めることにしよう。

写真の利用とパブリシテイの権利として判例上認められている(東京地判昭和51年6月29日、マーク・レスター事件、東京地決昭和61年10月6日及び東京高判平成3年9月26日、おにゃん子クラブ事件)。

これは芸能人などが自ら獲得してきた名声、知名度によって得た経済的価値のある顧客吸引力を、これら芸能人などが築いた財産として芸能人などに認めようというものである。

よってこの場合も撮影及び公表についてタレントあるいは所属プロダクションから承諾を得る必要がある。

HPの動画(春コレ)

http://h50146.www5.hp.com/directplus/personal/promotions/others/20110111_akb48/
 

「嵐」動画無断配信 会社員逮捕…埼玉県警

 投稿者:しろねこ  投稿日:2011年 7月 3日(日)21時26分13秒
返信・引用
  「動画共有サイト「ユーチューブ」に、人気アイドルグループ「嵐」のコンサート映像を著作権者の承諾を得ずに公開したなどとして、埼玉県警は11日、北九州市八幡西区、会社員(51)を著作権法違反(公衆送信権侵害)容疑で逮捕した。同県警によると、ユーチューブへの動画公開を立件するのは全国で初めて。」

「ユーチューブを巡っては、発売前の漫画を掲載したとして、昨年6月に京都府警が同法違反容疑で立件したケースはあるが、動画公開はなかったという。」

毎日新聞 5月12日付


日本将棋連盟およびファンクラブ駒桜 様で鍛えられています。


 

デジタル万引き

 投稿者:しろねこ  投稿日:2011年 7月 2日(土)23時08分35秒
返信・引用
  先日、水戸市内の老舗書店に久しぶりに訪れる。書店の壁には「店内での撮影は固くご遠慮します」という貼り紙がある。私は初めて見た。著作権の書物でどこかに書いてあったことを思い出す。今のご時世に、書店で本を購入するような裕福な家庭は少ないので図書館の利用者数が伸びているということも言える。

部屋が狭いうえに、シンプルで物がないことが流行しているともいえる。私も公立図書館でデジカメで撮影してもいいですかと図書館員に尋ねたこともあるほどです。というのはコピー代の10円がもったいないためです。デジカメは日に日に機能が新しくなります。早く使わないと損することになる。

「本や雑誌などは情報の集積であり、その情報に価値があると考えた人が購入することによって、書店という商売が成り立っています。ですから、本や雑誌の情報を必要とする人が本を買わずに撮影(携帯のカメラなど)して情報を持ち出されると、書店は損害を受けることになります。実際に、店頭での撮影により売り上げが落ち込んでいる書店もあり、これを「デジタル万引き」と呼ぶ。

書店は、商品に対して所有権や管理権を持っているため、客に撮影をやめさせる権利があります。店頭に、「店内撮影禁止」という貼り紙を表示している店もありますが、仮に表示がなくても撮影はしてはなりません。

書店以外でも、デザインが売り物の商品を売る店など、店頭での撮影を禁止しているところがあります。」

「デジタル万引きというのは、書店に入って本を買うのではなく、本の中の必要なページだけを、カメラ機能がついた携帯電話などで撮影していく行為のことです。

本の立ち読み以上に、マナー違反の行為です。現在、万引きと違いデジタル万引きに関する明確な罰則規定がなく、窃盗罪にはあたりません。しかし、「著作権侵害」となります。つまり、デジタル万引きは、窃盗罪で罰せられなくとも、著作権侵害となり、損害賠償を請求されることがあります。悪質な行為は、刑罰を受けることがあります。」

尾崎茂「先生のための著作権・入門の入門」学事出版、2006年、3頁、82頁。

◆補足

著作権を管轄する文化庁の見解によると、本屋などに入って携帯電話のカメラで本の中身を撮影することは著作権法第30条の私的複製に当たり、撮影行為自体は直ちに著作権法違反とはされない。ただ、当該撮影画像を不特定多数にネットで流したり、複製して販売したりすれば、著作権法違反になるとしている[4]。


弁護士紀藤正樹は、デジタル万引きは、犯罪には当たらないし、著作権法上の問題も生じ得ないとしている [5]。


弁護士大井法子は、無体財産である情報のコピー自体は窃盗とはならないこと、著作権法的にも違法ではないとしている。ただし、店の入り口に「撮影はしないでください」と張り紙や看板を出しているにもかかわらず、店内で撮影した場合には店側の管理権を侵害していることになるので、退去や何らかの賠償請求をされる可能性を指摘している[6]。

◆出典 フリー百科事典 Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E4%B8%87%E5%BC%95%E3%81%8D


窃盗罪には全く該当しませんし、
よく著作権法に触れているという話も出ますが、
本の撮影行為自体は直ちに著作権法違反にならないとされています。


東京大学名誉教授の中山信弘弁護士によると、「複製権・翻案権侵害となるためには『依拠』という要件が必要であり、依拠とは他人の著作物に接し、それを自己の作品の中に用いることであるため、独自創作が問題となっている事案においては、依拠性が認定されれば侵害についての故意は認められると考えられている。



岡村久道は、依拠性の要件を満たせば、少なくとも直接侵害を行った者については故意が存在する、と述べている。判例上も、既存の著作物に接する機会がなく、その存在・内容を知らなかった者は、これを知らなかったことにつき過失があると否かとにかかわらず、複製をしたことには当たらないとされており、最判昭和53年9月7日、ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー事件)。結局、複製・翻案に関しては故意による侵害だけが損害賠償の対象となる場合が多い。


しかしながら、依拠はしているが違法であることを知らなかったという場合においては過失が問題となりうる。…略…。また、ひとたび、著作権侵害行為がなされ、その後に他の者がその違法複製物を利用する場合は、もはや依拠は問題とならずに、過失の有無が問題となる。」


参考文献


中山信弘「著作権法」有斐閣、2007年、491頁。


私見はデジタル万引きは著作権侵害(支分権の一つである複製権侵害)に当たるとは思いません。悪質な場合、故意の場合にだけ損害賠償の対象になる場合が多いと考えます。


 

二次的著作物

 投稿者:しろねこ  投稿日:2011年 7月 1日(金)20時21分43秒
返信・引用
  二次的著作物とは、著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案することにより創作した著作物をいう(著2条1項11号)。
すなわち既存の著作物をもとに、そこに新たな創作性を付加してできたものが二次的著作物である。二次的著作物は原著作物とは別の著作物として保護される。

翻訳とは言語の著作物を言語体系の異なる他の国の国語で表現することを言い、編曲とは、音楽の著作物をアレンジし、原曲に付加価値を付することを言い、変形とは、例えば、彫刻(三次元著作物)を絵画(二次元著作物)にしたり、その逆の場合である。
 

明日、審査結果発表

 投稿者:しろねこ  投稿日:2011年 7月 1日(金)20時10分28秒
返信・引用
  明日、いよいよ待ちに待った駒の著作物性、字母紙の著作物性の審査結果が出される予定。

□ 審査委員会委員

阿部 浩二(岡山大学 名誉教授/著作権情報センター附属著作権研究所 所長)
斉藤 博(新潟大学 名誉教授)
佐野 文一郎(社団法人日本工芸会 会長)
玉井 哲雄(東京大学大学院総合文化研究科 教授)
道垣内 正人(早稲田大学法科大学院 教授)
紋谷 暢男(成蹊大学法科大学院 教授)

月刊誌の「コピライト」7月号に掲載される。駒師にもさまざまな解釈がされていて東京の著名な古駒鑑定士の調べられた「駒は著作物」という学説が出されるのか。それとも私、および著作権情報センターの主張される実用品のため「駒はすべて著作物性は否定される説」が採用されるのか非常に楽しみです。

学説の誕生により駒の市場価値や見方など徐々に変化していくことだろう。ゲームセンターなどの市場ビジネスはすべてロゴは商標登録され、特許登録され、意匠登録されています。書類に署名され捺印がされています。

天童の伝統工芸士の制作する手作りの駒だけ伝統工芸品なのか、とにかく学説の精査がしたい。現在まで残った将棋の駒の字母紙の著作物性が一応の解決がされれば私としては満足である。
 

版画(絵画)の写真

 投稿者:案山子  投稿日:2011年 6月27日(月)22時35分54秒
返信・引用
  しろねこさん

ご無沙汰をしております。出張等でパソコンを見られないこともありました。
今日まとめて拝読すると、内容がずいぶんと充実してきましたね。
しろねこさんの研究成果を楽しみにしている人も大勢いると思います。
このまま研究を続けて、この掲示板が著作権に興味ある人たちの
よきデータベースになるとよいと願っています。

さて、版画を撮影した写真に写真家が著作権を主張できるかという問題ですが
これは無理だと私も思います。
版画というか絵画を忠実に撮影する場合、100%真正面からのアングルです。
どの画集やポスターなどを見ても、それは間違いないことでしょう。
版画で凸凹があるというのは銅版画やリノカットなどですが、それは写真では
表現できないくらいの微々たる凸凹です。
油絵などでゴッホなどはかなりの凹凸がキャンバスにありますが、そういう
場合でも真正面から撮影するのが基本になります。
簡単な記録などで斜めから撮影する場合もありますが、そういう写真は
画集やポスターなどで使われることはないはずです。
つまり真正面から撮影すれば誰でも同じ写真を撮れるという意味で
創造性は失われます。創造性なきものに著作権は存在しません。
光線の当て方で真正面から撮影しても上手下手は出ますが、それは
著作権とは関係ありません。

その点、立体物である彫刻を撮影した場合にはどこが真正面
という明確な決まりがありませんから写真家の創造性が発揮
できます。つまり写真家の創造性が出ますので著作物と言えると思います。
ただ、球が誰かの彫刻だとするとどこから撮影しても同じ形になりますから
著作物と言えなくなるかもしれませんが・・・(笑)

 

版画辞典事件

 投稿者:しろねこ  投稿日:2011年 6月27日(月)20時13分50秒
返信・引用
  字母紙の転写ということによく似たものに「版画」の写真による複製物の著作物性がある。私見ではどう見ても創作性はない非著作物に見える。

「被写体が平面である場合の写真的複製物には、創作性すなわち著作物性を認めないというのが通説であり学説であるが、版画の多くは厳密にいうと平面でない。わずかだが紙面に凹凸がある。」

「おそらく浮世絵以来の手法であった『しぼ』のことであろう。描線に押しつけられた窪みのこと。だから、版画の写真複製には、立体物の撮影同様に著作権が発生するという細かい議論になるのである。」

判例(東京地判平成15年2月26日)は「完全に平面ではなく、凹凸があるものもあるが・・・それらの凹凸は僅かなものであり、それがあることによって撮影位置を選択することができるとも認められないから、これらの完全に平面ではない作品を撮影した写真についても著作物性を認めることはできない」のである。

最近では、一般に、写真著作物の財産的主張に拘わる争いは、できるだけ写真著作者に好意的に判断しようという傾向が強くなったが、「原画をできるだけ忠実に再現するためにされるもの」である場合には創作性は認めないようである。」(豊田きいち「写真のトラブルー判例の周辺ー、2005年、草の根出版会)。

例えば、著名な画家の手にかかる名画の複写複製については当該画家の許諾のみで足り、撮影者の許諾は必要ではない。

これに対し、立体的な彫刻の写真については、これを平面化した写真にすることにつき創作性が認められることが多く、その結果、当該写真に著作物性が認められれば、その利用につき撮影者の許諾も必要になる。
 

口約束、契約書の作成

 投稿者:しろねこ  投稿日:2011年 6月21日(火)21時07分41秒
返信・引用
  駒の著作物性とくに字母紙の著作物性は契約があいまいで字母紙を使っていいかという契約が口約束なのが原因なのだと思う。きちんとした契約書を作るべきだと思う。商標権登録も必要です。エンターテインメントビジネスでは法律実務がしっかりとできています。字母紙の改ざんなど権利があいまいになっています。

中国の将棋、韓国象棋、チェスなどの海外のボードゲームは実用品のため非著作物です。

日本の将棋は手彫りの高級駒に天童の伝統工芸士の存在、木地物の駒が複雑にしている。権利関係を明確にするマニュアルを作って欲しい。

 

残り2週間

 投稿者:しろねこ  投稿日:2011年 6月19日(日)20時09分0秒
返信・引用
  字母紙の著作物性の評価が出されるまで残り2週間を切った。駒の著作権など学説が出されることだろう。著作権の範囲は広く、まだ解明されていなかったことがあるとは思わなかった。
今、「建築の著作権入門」を読んでいます。奥が深いです。

キコリさんの著作物が正しいのか、いや、一般の著作物性は否定されるとみたほうがいいのか判断が楽しみです。
 

駒の字母紙貼り

 投稿者:しろねこメール  投稿日:2011年 6月13日(月)12時40分4秒
返信・引用
  将棋の駒を作成するとき、駒木地に字母紙を貼ります。このとき、字母紙に写っている作品、これは著作物でしょうか。これは写ったものですから、紙に新たに書いたものではありません。ですからこれも複製物で、駒木地の字母紙の貼りには著作物性はありません。複製物に過ぎません。  

駒業界は草創期

 投稿者:しろねこメール  投稿日:2011年 6月12日(日)22時43分18秒
返信・引用
  現代、駒業界は草創期にあり、業界秩序などないに等しかった。大山名人書の書体は無断で作られ、販売されていた。そのうち木村名人書は権利消滅したものと解釈されているらしい。影水の贋作が作られたが、M師がご遺族に著作権料を支払ったかは怪しい。現在、駒は著作物でもないと理解されていた

著作物とする人と著作物ではないとする人、法律には取られない趣味の問題と東京の古駒鑑定士は理解させていた。先生は駒は著作物と認識されておられる。けれども、趣味の問題なので著作権などの知的財産権は持ち出さないでほしいと主張される。

今後が楽しみである。すでに棋譜は共同著作物とされる。駒も著作物らしいが、駒の業界内では無視されている不思議な分野である。駒師の数がごく限られていて購入する人も限定される。駒師の生活も考えなければならないので、日本の文化として伝統工芸士が天童市に設けられた。書き師、彫り師、盛上師など。

一方ではあいまいなことを利用して業界のおきての了解を無視して販売されている駒師がいる。このことは残念と思う。前にも書きましたがにも日本将棋連盟の回答は明らかに好ましくないということです。著作物なら親告すれば解決するのではないか。所有者が騒ぎ出さないことには始まらない。

CRICに連絡が入ったことは事実なので、複数の駒師などからからと想像するが知的財産権に少しは詳しくなってきたと思う。今後は簡単にネット上で販売できるとは思えません。
 

「手本の敷き写し」

 投稿者:しろねこメール  投稿日:2011年 6月12日(日)22時07分58秒
返信・引用
  手本そのものを敷き写すと、手本が真っ黒になってしまいますので手本を鉛筆で籠字を取り、さらにそれを筆で太くして、下に敷いて師匠の作品や字形や字の配置を真似したことがあります。敷き写して書いたものに著作物性はあるでしょうか。
これはケースバイケースで一概には言えません。敷き写して双鈎填墨本と同じくらいそっくりなところまでやってしまったら、これは複製と呼ばれても仕方がないかもしれません。

ただし、大方において運筆の速度や墨量が師匠と違いますから、下敷きにした手本と同じになることはありません。それは創作的にというのではなく、技量未熟のために事実上ずれてしまっているのですが、下敷きにした手本とは違うものができます。稚拙感というのも創作性の一つとして考え、違う字柄のものとして調和的に出来上がっていれば、それは著作物といえると思います。
 

「二層紙の下貼り」

 投稿者:しろねこメール  投稿日:2011年 6月12日(日)21時52分35秒
返信・引用
  「作品を書くとき、紙を重ね貼りした「二層紙」を使われることがあると思います。二層紙の場合、下貼りの紙に墨が写りますが、表具屋さんに頼むと二層紙を二枚に剥がすことができるそうです。剥がした後の、下貼りの紙に、上の紙に書いたのとほとんどそっくりの字形が写っています。

この二層紙を二枚に剥いだとき下層紙に写っている作品、これは著作物でしょうか。
これも写ったものですから、二枚目の紙を新たに書いたものではありません。ですからこれも複製物で、二層紙の下貼りには著作物性はありません。カーボン紙で控えを取る場合と同様、下貼りは複製物に過ぎません。」

神谷『知って活かそう!著作権』日本評論社、2005年、37頁。
 

「双鈎槇墨本」は著作物か

 投稿者:しろねこメール  投稿日:2011年 6月12日(日)21時39分34秒
返信・引用
  「双鈎槇墨本」(そうこうてんぼくぼん)とは、作品の上に薄紙をのせ、書かれた字の輪郭を細い線で籠字(かごじ)に取り、中の空白部分に、真筆と同じように見えるように墨を塗って作った複製物です。

例えば、王羲之の「喪乱帖」(そうらんじょう)ですが、王羲之の真筆は一つも現存しておらず、創作的に新たな作品を作ったのではなく、複製物であり著作物ではありません。
 

棋譜の件

 投稿者:しろねこメール  投稿日:2011年 6月12日(日)19時24分42秒
返信・引用
  囲碁・将棋の棋譜の著作物性については裁判例はありませんが両対局者の共同著作物です。
駒も同様に判例はありませんが、著作物なのか著作物ではないのかが問題になります。
キコリさんは書も駒も著作物と解釈され、著作権保護期間の50年と捉えられています。

棋譜に関して、5月に本田先生に直接伺いました。
日本女子プロ将棋協会(LPSA)と同じ扱いで対局者の共同著作物をお話をされていました。
そのため、棋譜に関しては日本将棋連盟の解釈と同じで日本女子プロ将棋協会の公式見解は共同著作物といえます。
 

「書」の著作物とは

 投稿者:しろねこメール  投稿日:2011年 6月12日(日)18時45分16秒
返信・引用 編集済
  「書作品は、『思想又は感情の創作的表現として、美術の範囲に属するもの」ということになりますが、ここで大事なのは、「創作的表現」という条件です。例を挙げると、「拓本」は刻された碑面を叩いて文字を写し取っている「複製」であり、自分の意識に基づいて新たな作品を創作的に表現したものではありません。ですから、拓本については著作権はありません。拓本の保護はタイプ活字や印刷面の保護という著作権の範囲外のことであり、拓本自体を著作物ということはできません。

この基準に照らして、書を書いた時に著作権が生じる場合と生じない場合について、具体的に考えて」みる。

神谷信行『知って活かそう!著作権』日本評論社、2005年、36ページ。
 

親告罪

 投稿者:しろねこメール  投稿日:2011年 6月 3日(金)22時20分13秒
返信・引用
  案山子さんへ

著作権法は深く書物を読み勉強しています。何度も同じ本を読んで理解を深めよう、暗記しようとしています。範囲は毎年広くなっている傾向にあるようです。著作権法の面白さに快感を覚えてきました。

「著作権法」では、著作権の侵害行為に対抗するため、民事裁判により「損害賠償請求」「差止請求」「名誉回復等の措置の請求」があります。悪筆なケース、故意によって著作権侵害をした場合、被害者本人の意思により著作権侵害の事実を把握し、そのうえで告訴をしなければ、罪に問うことはできません。これを「親告罪」といいます。

今では、ネット上の違法行為を取り締まる「サイバーパトロール」という部署があり、ネット上を監視している。「非親告罪」は「Winny」などのファイル交換ソフトによる著作権侵害については、刑事事件として摘発せざるを得ず、ある日突然、警察が自宅に来ることもある。死後の著作者の名誉など、権利者自身が「親告」できない例があります。

●ちょっと待ってそのコピペ より引用
122頁

駒が著作物と裁判所が認めれば、著作者人格権(公表権、氏名表示権、同一性保持権)ほか駒にまつわる著作権が解決されるでしょう。駒の著作物性の確認は重要です。
 

Re:Rプロジェクト

 投稿者:しろねこメール  投稿日:2011年 6月 2日(木)16時10分26秒
返信・引用 編集済
  案山子さんへ

以前、実は著作権情報センターに「字母の著作物性」に関する問い合わせが3-4人あり、私と同じようなことを言われ相談員さんが迷惑を受けているということをお話ししました。相談された方は、明らかに知的財産権に詳しくなろうとする駒師、それに興味のある人ですので裁判で決着させることも実際は不思議ではなくなりました。この掲示板を見た人に違いありません。駒尻の変更には、商標権で文字の登録ができる。初めから商標登録を済ませておけば問題はなかった。このように捉えています。

著作権及び商標権は無知のまま示談にするのがいいのか迷います。駒師以外でも業界での暗黙の了解がある職業でも判例があります。駒師の考えを知的財産権に照らして考慮すべき時代になったのか、あくまでも従来の暗黙の了解にこだわるのか、どちらがこの場合適切なのか、私は分かりませんが裁判で決着をつけたほうがすっきりするのではないかと思います。相談された方は、私の論文まで手を付けておいて大変失礼な人たちです。私は著作権情報センター相談員の先生に直接迷惑を被っていますと注意されました。案山子さんもご指摘されるように、日本将棋連盟様もRプロジェクトの駒の製造には明らかに反対されています。

M師の駒を購入された方の意見を知りたいです。また、Rプロジェクトに携わった人、●●シン代表とキコリさんとは将棋友達なので奥野、影水、静山の字母はすでに公知されていて問題ないと交わされたのだと思います。正直に「遺憾なこと」と書き込んでくだされば問題はなかったでしょう。すぐに解決できたと思います。それにしても問題がないという意見は腑に落ちません。誰にも名誉はあるので控えます。

案山子さんの詳細な解説ありがとうございます。どのようにこの問題が発展していくか楽しみです。面白いのではないですか?証拠、裏付けがあり、すでに駒の製造者のM師にも連盟から連絡がいったはずです。

早めに解決することを期待します。皆さんはどう感じますか?

◆補足

駒師二代目大竹竹風師、アマチュアの白龍師も影水師の駒を商用に用いるのはどうかとためらわれました。
 

私的使用のための複製権

 投稿者:しろねこメール  投稿日:2011年 6月 2日(木)14時48分0秒
返信・引用
  流産さんへ

>●●図鑑掲示版ではネットオークションなどの画像を保存する事やそれを掲示板にアップしたりしていますが、立派な著作権法違反です、例え会員制掲示版のCUGでも違反です、通報されたら処罰されますよ、駒画像を撮ってオークションに掲載した人に著作権があります。

>他人のウエブサイトの著作物をサーバーのハードデイスクにコピーしてしまえば複製権侵害になると考えられています。勝手に掲示板に公開することは公衆送信権侵害に該当します。

私の言葉が不足していましたので追加します。

(くれあーと2011年5月号、9ページより引用)

自分が楽しむためにテレビ番組を録画したり、パソコンに取り込んだりしてコピーするのは「私的利用のための複製」になるので、問題はありません。しかしそのコピーをブログにアップしたり、動画投稿サイトに投稿するのは「家庭内の範囲」を超えて、不特定多数の人に見せることになるので、明らかに著作権を侵害することになります。
 

レンタル掲示板
/9