teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


かなりやQ 修理

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 6月19日(月)16時22分37秒
  十分乾燥させたので、通電試験
AMは聞こえるとの情報で、通電。確かにAMは聞こえる
短波は全くと言っていいほど入らない。
でも、発信はしているので、ノイズは聞こえる。

アンテナ線が短いので、長いアンテナを繋いでみた。
でも、
まったく変化がない。 なんで???

こんな時は基本に戻って、配線チェック!
ん?!
アンテナ線、コイルの所の端子から切れて外れてる。
これではアンテナ繋いでも変化がないはずです。
しかし、アンテナ線、2センチ程度で、よくAM受信してたな!

アンテナ線を仮接続。

ガンガン受信しますよ、短波も。アンテナ線、切れてただけでした。
VRのガリもなく、予定通りの交換ですみそうです。
良かった、よかった。





 
 

かなりやQ 修理

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 6月18日(日)10時20分28秒
編集済
  キャビネットは、洗濯石鹸で軽く洗って、乾燥中
アルコール洗浄したバリコン、きれいになりました。
ただ、これを見て、アルコール洗浄される方、しっかり乾燥させないと、結局同じことになりますよ。その点、要注意です。

現在、通電していないので、ボリュームのガリの有無確認をしていませんが、交換予定は
ペーパーコンデンサ
電解コン
電源ケーブルとプラグ
電源のゴムブッシュ
パイロットランプ
チューニング糸の新品交換
アンテナ線(今は、5センチしか付いていないので、根本から交換)
熱除けの天板作成
今の所、気が付いているのはこのくらいです。
アルコールが乾き、今晩当たり初めての通電をしてみます。
結果はその後です。


 

かなりやQ 修理

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 6月18日(日)10時14分29秒
  修理依頼品です。
一見見た目はいいのですが、天井におおきな傷が一つ(オークションの写真では、この傷は見えない角度での写真しか乗っていませんでした)
内部は、外から清掃したようで、シャーシを外すと、ほこりが付いてきました。

1枚目の写真
バリコンになにか、脂っぽいものが付いていて、そこにほこりがくっついています。
これは、そのままにすると、将来、ほこりと湿気でショート状態になる可能性が高いので、アルコール洗浄することにします。
キャビネットは、ほこりと、熱よけの天板が取れかけているので、天板はアルミ板でつ売りなおします。
電源コードは、どうやら、プラグだけ交換したようです。
電源コードのシャーシの入り口のブッシュも割れて、半分かけています。
(割れた半分は、シャシーの中にありました。)
まずは、本日、梅雨にもかかわらず、晴天なので、洗浄と日干しです。




 

電源その8 飾りつけ(終)

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 6月10日(土)19時34分21秒
  せっかくなので、100均で買ってきた板を側面につけてみた。
手加工なので、多少寸法に差があるけど、多少は?!
依頼者様、この板は、木ネジで止めてあるだけで、弱いので、この板には
力を加えないでください!
また、一旦外して、塗装するとよくなるかもです。

あ、
パイロットランプは5mmのLEDを差し込んであるだけです。
正面から、思いっきり押すと抜けてしまいます。(簡単には取れません)



以上完成です。
梱包は、ギリギリの箱に1度入れ、それをさらに80サイズの箱に入れて厳重に梱包しました。

 

電源その7

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 6月10日(土)19時29分38秒
  配線と、確認作業完了。
電圧は無負荷で400V少し超えるぐらいで、100Kで落とすと380Vぐらいだったかな?
なんとか使える電圧ではないかと思われますが。

 

ナショナル EA-685のハム音

 投稿者:津田  投稿日:2017年 6月10日(土)19時28分41秒
  修理が出来て良かったですね。  

電源その6

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 6月10日(土)19時27分10秒
  配線開始
ここで、電源ケーブルをつないだところで、通電試験したら、ヒーターの電圧が一つおかしい。
6Vが3セット出ているのだが、写真左下のヒーターは、無負荷で5V弱しか出ていない。
LEDも点かないので、この6Vは使用しないように回路変更。

 

電源その5

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 6月10日(土)19時23分57秒
  仮の実装と、部品の位置関係確認です

 

電源その4

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 6月10日(土)19時22分25秒
  部品の実装!
 

電源その3

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 6月10日(土)19時21分17秒
  今度はトランスの穴。
金きり鋸で、と、思ったら、出てこない。
金属加工はやらないので、道具がない!
写真のハンドニプラーで開けてしまった。
握力がまるきりなくなってしまった!
 

電源その2

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 6月10日(土)19時14分0秒
  今度は背面のヒューズ用の穴、
GT管ソケット用の穴、電源ケーブルの穴。
2枚目
ラインぴったりに穴をあけたのですが、ずれてる分、ソケットが入らない!
リーマーで、もう少し開けて、3枚目のように、無時セット。
 

電源その1

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 6月10日(土)19時09分53秒
  やっと休日です。
シャーシ加工からスタートです。
肩慣らしに、MT管のちいさな穴から。
やっぱり、ど真ん中には開かず、0.5mmぐらいずれちゃいました。
ネジ穴は、ソケットを付けてから、場所を合わせなおして開けています。
 

ナショナル EA-685のハム音

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 6月10日(土)19時07分13秒
  発振防止が効いてなかったようですね。
対策できて、良かったです。

 

ナショナル EA-685のハム音

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 6月10日(土)16時35分55秒
  嶋村様

今日、①から交換してみました。
先ず、①は変化なし。次に②を実施しましたところ良くなりました。若干のハムは残りますが問題ありません(自分的には)


ありがとうございました。

皆様もありがとうございました。
 

スマホのyoutubeをロクタル管ラジオで聴く

 投稿者:RADIO KITS  投稿日:2017年 6月10日(土)08時42分53秒
  先学諸兄の皆様
 先般から「DCが流出する音源」での実験確認を進めていましたが、スマホを音源にし普通の音量で鳴らすような回路内蔵したラジオを造りました。
 変換トランスは不採用です。
動画をUPしておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=OR5qDhFGzoA&hl=ja&gl=JP
https://www.youtube.com/watch?v=wCuS_dQK078

製作情報。
http://takinx.dcnblog.jp/radio_kit_/radio_106/

http://takinx.dcnblog.jp/

 

ナショナル EA-685のハム音

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 6月 9日(金)09時55分25秒
編集済
  皆様こんにちは。
伊藤さんのラジオの件で、ラジオ修理の参考になればと思い、
私の修理方法というか、今回、書き込んだ内容について書いてみます。

私の場合、修理すべきラジオが受信しない、または性能が良くない場合
部品交換はせずに、原因究明して、最低限のパーツで修理し、完成後、
コンデンサ交換などの予備的作業に入ります。
最初からコンデンサ交換すると、実際には異常が有っても、その症状が
変わってしまい、地雷の如く潜んでしまう可能性があるからです。

で、
今回の伊藤さんのラジオは、文面から、何らトラブルは感じられない状況から
コンデンサ交換を行い、交換前は感じられなかった、ハム音が聞こえるという事
という前提で、文面を読みました。

>NHK第二、CBC、東海はハム音はわずかにありますが、ほとんど気になりません。(NHK第二が一番ハム音が少ないです。)
>しかし、NHK第一は、すごく気になる程のハム音です。まるで、ラジオの音声に乗っているようです。

このことから、”受信状態(電波がある状態)では総てハム音が出るが、特にNHK第1がひどい”
と、読みました。
逆に言うと、受信さえしなければ、ハムは気にならないという事で。

次に、なにをしたかですが、
>ペーパーコンデンサは全て、ブロックコンデンサも交換しました。
>配線の変更はしていません。
ですから、古いコンデンサを替えただけ。

ここで考えられるのは、パーツの位置関係が微妙に変わったとか、ペーパーコンから
フィルム等に替えたと思われますので、特にグランドに落としているコンデンサに付いては
まわりの影響変化はあるものと思われます。
たとえば、ペーパーコン250pFをセラミックに交換し、おなじ位置に置くと、放射方向が90度変化しますね。
また、パイロットランプの線なども交換しているとの事なので、その引き回しも変化していると思っています。

で、
私の最初の書き込みに書きましたが、”一つずつためしてください”と言うのは、
実はハム音対策ではなくて、”同調ハム”かそれ以外の原因かを振り分けるための
試験なんです。
対策は、その結果を聞いてから、”では、XXとして見ればいいかも”みたいな
流れとなればいいなって思っています。

私はこんな感じで、可能性のある原因をまず特定して、それから対策を考えています。
キットや自作の場合はすごく大変なんですが、メーカー製の場合、本来は使用に耐える
だけの性能を持っていたはずですから、劣化した分以外は、再生できるはずなので、
原因さえわかれば、答えを出すのは、あんがい簡単だったりしますので。

と、いう事で、私の書いている内容は、”対策”ではないので、伊藤さん、そのつもりで
よろしくです。

 

ナショナル EA-685のハム音

 投稿者:RADIO KITS  投稿日:2017年 6月 8日(木)23時38分46秒
編集済
  先学諸兄の皆様
ご無沙汰しております。

嶋村さんと同じように思えます。「同調ハム」+「もともとのブーン音」だろうと推測してます。

放送受信しないバリコン位置で、ブーン音を確認しつつ、他真空管ラジオとで音を比較するのも手立てのひとつです。

 

同調ハム

 投稿者:津田  投稿日:2017年 6月 8日(木)10時57分20秒
  嶋村さん、こんにちは、普通の同調ハムなら全部の放送に同じように入るとおもうのですが、よくわかりません。  

ナショナル EA-685のハム音

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 6月 7日(水)13時47分39秒
  津田さんこんにちは
一応、同調ハムを仮定して、原因究明用の処置を①~③で書いてみました。
単に、電源回路の平滑ができてないだけだったりして。

 

ナショナル EA-685のハム音

 投稿者:津田  投稿日:2017年 6月 7日(水)07時30分28秒
  他のラジオでは、このようにはならないのであれば、このラヂオの故障ですね。島村さんの指示された方法で調べてください。  

ナショナル EA-685のハム音

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 6月 6日(火)21時04分40秒
編集済
  津田様
ありがとうございます。

他のラジオでは、このようにはなりません。
NHK第一だけがハム音があると言う事ではありません。第二、CBC、東海はハム音はほとんど気にならない程度のハム音で、第一はかなり気になるハム音です。


よろしくお願い致します。
 

ナショナル EA-685のハム音

 投稿者:津田  投稿日:2017年 6月 6日(火)20時40分31秒
  NHKの第1だけにハムがはいるということは、外部からの場合もあります。他のラジオで聞いた場合はどうなのでしょうか。私も住まいは三重の北部です。  

ナショナル EA-685のハム音

 投稿者:嶋村   投稿日:2017年 6月 6日(火)18時08分18秒
編集済
  原因を掴むため、1つずつやって、効果がない場合、もとに戻して、次をやってみるという風にするといいです。
 

ナショナル EA-685のハム音

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 6月 6日(火)17時30分39秒
編集済
  嶋村様
早速のご教示ありがとうございます。
部品を調達して①を試して、ダメなら戻してと②、③と一つずつ交換してみます。

また、結果をご報告致します。

 

ナショナル EA-685のハム音

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 6月 6日(火)14時16分31秒
  いくつかまとめてみました。
ここに書いた、各対策は、1度に行わず、1つづつ行って、効果がない場合、もとに戻して、
次の対策に、という具合にやってみてください。

①赤い部分のコンデンサ
このコンデンサを、どちらも0.01uF程度まで大きくする。
耐圧はAC250V耐圧のフィルムか、セラミックコンデンサで。
0.047uF程度まで大きくしても変化がなければ、もとに戻しましょう。

②青のコンデンサ
250pFですが、220pFで十分なので、新品に変えてみる。
ここも、電圧が高いので、それなりの耐圧を持ったコンデンサで。

③緑のコンデンサ
どうしてもうまくいかないなら、ここを1uF、3.3uF、4.7uF、10uFあたりまで変えてみる。

各番号の想定したトラブル
①電源からの回り込みを防ぐ
②中間周波数の増幅が漏れてアンテナから帰還している可能性の抑え込み
③中間周波数増幅時に、スクリーングリッドで変調されてしまっている。



 

ナショナル EA-685のハム音

 投稿者:伊藤  投稿日:2017年 6月 6日(火)13時01分11秒
  皆様 お邪魔します。
ヤフオクで真空管ラジオ ナショナルEA-685を購入しました。
ペーパーコンデンサは全て、ブロックコンデンサも交換しました。受信感度は良く、当方三重県北部ですが、NHK第一729k?、NHK第二909k、CBC1053k、東海1332kとも良く聞こえます。
ただ、NHK第二、CBC、東海はハム音はわずかにありますが、ほとんど気になりません。(NHK第二が一番ハム音が少ないです。)しかし、NHK第一は、すごく気になる程のハム音です。まるで、ラジオの音声に乗っているようです。
配線の変更はしていません。パイロットランプと、アウトプットトランスの配線は新しくしました。
原因を調べる方法などをご教示いただけたらと思いこちらに書き込みをさせていただきました。
よろしくお願い致します。

 

シャーシが届いた!

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 6月 5日(月)21時27分22秒
編集済
  シャーシが届きました。
でも、夜なので、加工は無理。日曜日までおあずけです。
せっかくなので、準備だけでも。
切削部分のマークです。
もともと、青のシールが付いていつので、その上から、帳面テープで、設計図を貼り付けています。
この寸法に合わせて、カットすれは出来上がり?です。
ここまでは実に美しいのですが、これからが、、、
さて、どうなるやら。

 

製作依頼

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 6月 5日(月)09時20分11秒
編集済
  プリアンプ用電源ですが、アルミシャーシを受け取り損ねて、作業が進まないので、
机上で配線してみました。
色分けは、クロスする点がわかりやすくしただけで、意味はありません。
実際は、黄色か黒のエンパイヤーチューブで作ります。

前後のパネルは、裏から見た形です。

2枚目の図面は、外側から見た、各部の穴あけ用図面です。

 

製作依頼

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 6月 4日(日)16時47分34秒
  シャーシがまだ届かないので、同じサイズの紙を切ってトランスと、真空管を載せみました。
何と、寂しい!(笑)
 

製作依頼

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 6月 2日(金)15時24分51秒
  久々の製作依頼が来ました。
修理ではなくて、製作依頼です。
内容は、12AX7のプリアンプ用外部電源です。
アンプの中に、平滑回路があるので、電源側は、シンプルな回路でいいそうです。
回路図と、電源トランスをもとに、配置図を兼ねて、図面にしてみました。

部品は昨日届きましたが、シャーシがまだです。
ドリルとリーマ―でどこまで、予定通りの物が出来るか、できてからのお楽しみです。

 

レンタル掲示板
/168