teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


東京見学

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 4月25日(火)16時15分54秒
編集済
  久々に、おのぼりさんをしてきました。
東京さ行くと、ギンザシックスと言うのができていただよ。
何人もの方に、とにかく大きいと聞いて、場所も確認せず、おら、銀座へ出て行ったべ。
4丁目の和光から、キョロキョロしても、特に大きな建物は見つからず、
5丁目方面へ。有りました!銀座6丁目にあるからシックスなのかな?
間口120メートル程度で、周りのビルと、高さは同じぐらい。
田舎もんのおらには、少々見つけずらかったダョ。
てっきり、銀座の真ん中に、ラスベガスのホテル級の建物が建っていると思い込んでいたので、
正直、がっかりしただ!。.....

人は多かったのですが、歩けないほどでもなく、地下から4階ぐらいまで歩いてみましたが、
私の興味をそそるものは無く、そそくさと、出てきました。
私は、秋葉原の、萌え~のおねいさんを眺めながら買い物するのが似合ってるようで。

3枚目はNYのハンバーガーショップ、日本1号店のシェイクシャック。
シェイクシャックのハンバーガーは、ノーマルなハンバーガーか、ベーコンを付けたのがうまい。
ちょっと、NYとは味が違っているような感じがしましたが、店の雰囲気、注文後の待ち方など、NYと同じにしてあり、いい雰囲気でした。
粗びきの肉のごつごつした歯ごたえと、噛むとじわっと出てくる肉のうまみが魅力です。


 
 

NF型トーンコントール。2バンドST管ラジオ

 投稿者:RADIO KITS  投稿日:2017年 4月23日(日)10時28分22秒
  先学諸兄の皆様
ご無沙汰しております。

2バンドラジオにトーンコントロール載せてみました。12AU7のNF型にしてラジオ向けに作動点を決めてみました。3kHzで5dB持ち上ります。これによるノイズ増加はありません。12AU7を入れることにより音が良い方向に変りました。audio系で評価高いのも頷けます。お薦めできます。

先般のトラップ回路(PIC式表示器用)にて乾電池レスになっています。短波の微調整は自作OSC基板にバリキャップをのせてあります。短波はHバンドにほぼイコールです。

「100KCマーカー基板+水晶付き」(初回分)は要望多にて在庫ゼロになりました。

多謝

http://takinx.dcnblog.jp/radio_kit_/tune1.html

 

re:高周波アンプ

 投稿者:信州の竹内  投稿日:2017年 4月16日(日)21時24分38秒
編集済
  こんばんは、信州の竹内です。

 先日来話題になっていた"X'tal発振周波数カウンタ"ができました。今のところ自作ロクタル管スーパー(中波帯のみのラジオ)に取り付けましたが充分実用になります。

1 プリント基板のX'tal発振回路を削除して1石プリアンプを組み込みました。
  本来付属のトランジスターを使えばもっとすっきりしそうですが、『ここは手持ちの石を使わにゃいかん』と思い込んでいたのです。3か所のパターンカットと1本のジャンパー線でできました。
2 バッファーも無い1石の超簡単なプリアンプですが感度も良く実用になります。
3 テストオシで見たら10MHzの短波帯にも使えます。455kHzのオフセットもできました。

 改造の過程など若干ですが私のホームページの掲示板に書いてあります。写真は青色LEDの周波数カウンタと並べてみましたが本品の方が高感度です。ご紹介いただいた岩渕さんにも感謝です。

http://sin454.life.coocan.jp/

 

アンテナコイルの件

 投稿者:市川  投稿日:2017年 4月16日(日)17時15分33秒
  西/0様 了解しました。

 いろいろな複雑なことを考慮しなければ、普通に扱っても良さそうですね。
でも、丁寧に配線するならアンテナ端子の前にコンデンサーを入れるべきである。

 よくわかりました。ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
 

RE:アンテナコイルの件

 投稿者:西/0  投稿日:2017年 4月16日(日)15時25分31秒
  市川 様。

(コイルとアンテナ端子間にC)と(アンテナ端子にC経由でアンテナ線接続)も
ラジオ動作的には同じですが、

アンテナ端子にC経由でアンテナ線接続だと、
アース端子を使わず、ANT端子に大地アース線を接続する電灯線アンテナとした時とか、
アンテナ端子とシャーシが触れた時、AVC電圧が流れ出てしまうので、
入れるなら、コイルとアンテナ端子間にCを入れておいたほうが良いでしょう。

自分専用で、空中に張ったANT線のみ繋ぐだけなら
C無しでANT端子とコイルは従来どおり直結でも良いです。
この場合の(コイルとアンテナ端子間にC)は他の場合の安全策です。
 

アンテナコイルの件

 投稿者:市川  投稿日:2017年 4月16日(日)14時36分4秒
  西/0様 ご指導アドバイスありがとうございます。
 (コイルとアンテナ端子間にCを入れる)     ? アンテナ端子にC経由でアンテナ線接続でもおなじでしょうか?

   このコイルは悩ましてくれますが、3端子のアンテナコイルは、端子金具の節約以外になんかのメリットが、あるんでしょうか。

 いずれにしても、ご指導ありがとうございました。
これで組み立ててみます。また、ご指導よろ敷くお願いします。
 

RE:教えてください

 投稿者:西/0  投稿日:2017年 4月15日(土)23時20分31秒
編集済
  市川 様。

一般的なANTコイルの1次側と2次側のE側が繋がっている状態でしたら
図のような結線で働きます、(MW実機で確認しました)
図の青線はANTコイルに流れる電流の経路です。

ANT端子とANTコイル間にコンデンサを入れてAVC電圧がANT端子に出ない様
にすれば良いかと。0.01-0.05位で。
 

教えてください

 投稿者:市川  投稿日:2017年 4月15日(土)14時38分42秒
  嶋村様 掲示板のみなさまいつもお世話になります。

 年明けそうそうから、工作室に入れず 悶々としていた頃にデジタルコンポを入手、そのクリアーな音質、ノイズが全くないのに改めてびっくりし、時代の流れ 技術の進歩を考えさせられました。
 はっきり言って真空管も触る気がしなくなっていました。が、ホワイトノイズが何となく懐かしく思えて来るから不思議です、5スパで中波のノイズを聞きましたが、あまりなつかしくなかったです。わがままなんですね。
でも、ジャンケン大会のシャシーが、塗装途中のままでかわいそうなので、せめて形だけでもと思い、組立まではとがんばっています。

 ここで、トラブルです。なんとアンテナコイルの端子が、3個しかありません。
それぞれ導通はあります。アース部をまとめたのかな?など、イロイロ考えましたが、そもそも知識がないのに、頑張っても無駄と気がつきました。ここは、掲示板に泣きつきましょう。

 このシャーシーは、350v全波整流用トランス搭載で、コンデンサーから見ると昭和20年代の製品かと思います。
 どなたか接続方法をご教授いただければと思います。無駄に長くしてしいまいました。
恐縮です。よろしくお願いいたします。





 
 

久々の、蛇の目基板での製作

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 4月 6日(木)20時42分34秒
  今日、マイクが届きました。
700円でおつりがくる、モノラルマイクですが、なんと、端子処理はされていて、プリアンプは、不要でした(涙;
一応アンプも使ってみました。
アンプを使うと、幅広く音を拾ってうれます。性能はそこそこありました。
でも、今回は、楽器の音を拾うだけなので、アンプはベンチを温めることになりました。
 

Re:高周波アンプ

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 4月 6日(木)17時02分32秒
  私の場合は、使っていただいている方が、長時間使ったら壊れたとか、
周波数が3Kぐらいずれてるけど、まあいいか。
と言うのは好きではないので、その手の回路は提供しませんし、商品もお勧めしていません。

ただ、だからダメかと言うと、そうでもない。

そもそも、トリマーが付いているので、使用者が、常に正しい周波数カウンターで更正しながら使えばよい。(もっとも、正確なカウンターがあって、この基盤を買うかどうかは??だが、)
もっとも、CPUの負荷とトリマーの両方変動するので、時系列的な誤差が出るのは妥協の範囲。
思うに、
このカウンターを使おうという方の場合、周波数表示が出ることが目的で、正確かどうかは、楽しみの範疇で十分な場合がほとんどだと思われます。
半分仕事で修理している方の場合は許されないことですが、
自分のラジオなら、3K程度ずれることがあっても、ラジオを聞くにはさほど影響はないので、安くていい商品。
CPUの使い方から、ノイズは出るが、ラジオを聴く時に、切って置けばいいだけで、これまた、問題ない。
IFT調整に使う場合、周波数が比較的低い(455)なので、誤差も少ない。
また、IFT調整の場合、総てが同じ周波数であれば、1K程度ずれていても、さほど感度に影響は出ない。
と、考えていくと、必ずしも、私のカウンターの様に、精度を求めても意味が無い場合もある。
(私のは、もともとが、ラジオ修理をビジネスとされている方からの依頼だったので。)

と、言うわけで、精度がよくないからダメと言うわけではなく、趣味の製作では、十分”アリ”と思います。
ちなみに、LEDの電流制限抵抗で、2mA以下になるように設定しておけば、かなり改善されます。

 

Re:高周波アンプ

 投稿者:岩渕  投稿日:2017年 4月 6日(木)13時27分3秒
  そちらの意味合いでしたか、確かにシンプル過ぎて、ほぼCPUだけで動作させているというかんじです
CPUを使った中華キットでは、時計キットなどもほとんど同じ構成で外部回路がありません
 

Re:高周波アンプ

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 4月 6日(木)13時18分24秒
  あ、そういう意味ではなくて。
私が買ったのは、秋月のものです。不安定なのは、回路構成がよろしくなくて、
CPUに過負荷がかかっているためです。(壊れるほど、ひどくはないのですが。)
 

Re:高周波アンプ

 投稿者:岩渕  投稿日:2017年 4月 6日(木)13時08分30秒
  そうですよね、安定性(精度)に付いては秋月の物より使用部品(X’tal)の品質が?ですので
届くまで判りません、因みに先程掲載した基板は、前に(株)秋葉原から購入していた物です
 

Re:高周波アンプ

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 4月 6日(木)12時59分21秒
  むしろ、初段を基板上で組めませんか?
ちなみに、このカウンター、秋月で販売しているものと同じですので、安定性(精度)は期待しないでくださいね。

 

Re:高周波アンプ

 投稿者:岩渕  投稿日:2017年 4月 6日(木)12時39分42秒
  嶋村さん、返信ありがとうございます、やはり2段あった方が安心できますか、後の回路は
キット基板上で初段は外付けで考えてみます
 

高周波アンプ

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 4月 6日(木)12時09分59秒
  岩渕さんこんにちは
元ネタのラジオ工房で返信しました。(^^♪
 

Re:久々の、蛇の目基板での製作

 投稿者:岩渕  投稿日:2017年 4月 6日(木)11時30分34秒
  嶋村さん、こんにちは

シンプルですが色々と役に立ちそうですね、2端子コンデンサーマイクを使う場合は、入力のコンデンサー無しで使えるでしょうか?

私も「ラジオ工房」で掲載した周波数カウンターのアンプを水晶発振部の部品配置替えだけで出来ないか検討していますが
エミッターフォロワーでは、ゲインが取れるか悩んでいます、取れなければ別回路で組んで基板の上に載せるのも
ありかと思っています

 

久々の、蛇の目基板での製作

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 4月 6日(木)10時54分15秒
編集済
  たぶん、不要かと思いますが、、、、
水色部分は、パイロットランプで、青色3mmのLEDです。

 

久々の、蛇の目基板での製作

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 4月 5日(水)23時44分58秒
  10年以上前に買ったような気がする、MDレコーダが出てきました。
マイクがなくなっていたので、安価なモノラルのマイクを買ったのですが、
よくよく考えると、Lか、Rしか録音できません。
ステレオである必要はないので、それでもいいのですが、せっかくだから分配しようと思って、
ゲインはほとんど必要ないので、1石のマイクアンプを作ってみました。
マイクはあす届きますが、直接つながっているコンデンサマイクの場合も考えて
バイアスをつなげることがでいるように、端子を出して、作ってみました。
久しぶりに、基板物を作りましたが、小さくて、やっぱ、大変ですね。
悲しいかな、真空管式だと、電池で使えないので、C1815です。


 

ラジオカウンターの周期ノイズ

 投稿者:RADIO KITS  投稿日:2017年 3月31日(金)23時33分21秒
  先学諸兄の皆様
 ご無沙汰しております。

先般投稿いたしました
http://8252.teacup.com/jh4abz/bbs/4989

これがPCBになりましたのでご報告いたします。現行の平ラグ(実装)と取り付け寸法は同一です。

「周期ノイズ流出阻止のtrap基板」ですが、CR値を換えると50とか60にも理論上は対応します。

多謝



http://takinx.dcnblog.jp/radio_kit_/2017/03/3100khz-f9e0.html

 

VICTOR R-205

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 3月26日(日)21時02分14秒
  触るところはおなじグリッドでいいです。
ただ、狭く、小さいですから、そのほかの線に手が触れないよう、感電にご注意を。

 

VICTOR R-205

 投稿者:平山  投稿日:2017年 3月26日(日)07時40分57秒
  おはようございます。

治具の説明ありがとうございました。 120mA流れるので、その分光るのですね。
OSCコイルは、中波と短波と別で2個あります。 中波用がありますので、そちらで試してみます。
スイッチには16か所端子があり、外す時にテープにマジックでメモしておきましたから何とかなると思いますが、やれやれです。

・MT管の場合、「ブー音」確認はどこを触ればよろしいでしょうか。

よろしくお願い致します。
 

VICTOR R-205

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 3月25日(土)21時44分5秒
編集済
  その電球のうっすら点灯は大丈夫です。
簡単に、原理を書きますね。
そのランプは直列ですから、もし、ラジオが誤配線でショートしていた場合、電球が点灯するだけで、家のヒューズは飛びません。
点灯したままなら、この状態なのでBGですが。

もし配線が正しいならば、真空管が冷たいときは、一気に電気が流れるので、ランプは光ります。
そして、ヒーターが暖かくなると、ヒーターの抵抗値が増して、電流が少なくなるので、ランプは光らなくなります
でも、最終的には規格値で150mAほど流れますので、真空案ラジオ側は、666Ω相当に、
一方、60W電球は100V60Wですから、本来は、0.6A=166Ω相当

100Vに(666+166)Ω の抵抗で、約120mA流れる事になります。

ラジオのヒーターは、150mAの所が、120mAになってもさほど変わりませんが、
電球は、本来600mA流したいところを、120mAしか流さないので、1/5しか光りません
しかし、逆に1/5流れているので、多少は光ります。

ですから、現状で、問題ないということになります。

なを、回路を組み込んで、電流がもっと流れるようになれば、もう少し明るくなる方に変化します。

ご心配なく!


中波のOSC
形が同じで、取り付け可能なら、普通ので行けますが、中波、短波が同じボビンに巻いてあるタイプの場合は、多少調整が必要になる時もあります。
あ、いずれにしても、違うコイルを入れたら、調整は必須ですね。



 

VICTOR R-205

 投稿者:平山  投稿日:2017年 3月25日(土)21時26分45秒
  こんばんは。

配線を始めました。
・パイロットランプと各ヒーター線灯りましたので、A電源はOKかと。
・電解ブロックコンデンサをダミーにして、電解コンデンサをつなぎB電源を「以前宮岡様にご指導していただいた治具60W電球を使い」確認しましたら、電源を入れると電球は光り一度消えてその後うっすらと光ります。  (すっすらでも光ってしまったらNGですね)
配線は、先に投稿しました実体配線図の通りです。
・中波用のOSCコイル断線しておりました。 2バンドの中波のOSCコイルは特別なものでしょうか
どのようなコイルを調達すればよろしいでしょうか

ご指導、よろしくお願い致します。
 

VICTOR R-205

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 3月22日(水)11時09分7秒
  実態配線図は苦手です!
まあ、これまでの経験から、作ってみてはいかがでしょう?
ポインとは、シャーシにグランドを落とさない事ぐらいで、あとは一緒です。

 

VICTOR R-205

 投稿者:平山  投稿日:2017年 3月19日(日)19時53分57秒
  こんばんは。

電源プラグの接続場所と、平滑電解コンデンサのグランド線を訂正いたしました。
ご指導、よろしくお願い致します。
 

SR-280M

 投稿者:平山  投稿日:2017年 3月19日(日)10時00分15秒
  おはようございます。

嶋村様
PUケーブル(VR付)気になりますね。
作り方お教えください。
よろしくお願いいたします。
 

SR-280M

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 3月18日(土)02時16分1秒
  SR-280M 完成です。
1枚目、到着時。
2枚目、3枚目が現在
ラジオの前の小さなものは、PUケーブル(VR付)
 

AUより、455発信器の製作依頼をされた方へ。

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 3月17日(金)14時17分28秒
編集済
  AUから、
------------------------
購入を検討しています。
どの様な手続きでよろしいでしょうか?
------------------------
のメールを下さったTIさん、
何度か返信していますが、パソコンメールを受け取ることができない設定になっていませんか?

発信器は、製作完了していますが、連絡が取れません。最後の1台です。
(しばらく、基板入荷待ちになります)
パソコンメールが取れるようにしていただき、この掲示板の下の方にある
”管理者へメール”を使って、私が返信できるメールアドレスを記載してください。
通常、携帯メールは、制限を解除しないと、パソコンメールが受け取れないものが多いようです。
また、私は、携帯メールできませんので、パソコンメールでお願いします。

 

平山さんの回路図

 投稿者:嶋村  投稿日:2017年 3月15日(水)18時29分30秒
  平山さんの回路図です
 

レンタル掲示板
/166